【FD開催】中国語・韓国語合同FD

このたび初めての試みとして、中国語・韓国語合同FDを実施しました。これは少人数で、討論を深めることを目的とした試みであり、以下の3回連続で実施しました。
6月20日(月) 12:10~12:50
劉驫「効果的な声調指導を目指して」
6月21日(火) 12:10~12:50
辻野裕紀「あさましき言語教育観からの脱却への序章:功利性を超えて」
7月22日(金) 12:10~12:50
中里見敬「授業に「話す」を位置づけるために:タスク活動を超えた〈言語場〉を求めて」
いずれも活発な議論となり、所期の目的を十分に達成することができました。