Book Talk “The Arts of the Atomic Age” – Gabrielle Decamous トークイベント『アトミック・エイジの芸術』

Title: “The Arts of the Atomic Age” – Book Talk

Speaker: Gabrielle Decamous

Place: Kyushu Central Library, Cute Commons 4F

Language: English

“核時代の芸術”

発表者:デカマス・ガブリエル

場所:九州大学中央図書館 きゅうとコモンズ  4F

時間:6月6日 16:40~18:10

言語:英語

The effects of radiation are invisible, but art can make it and its effects visible. Artwork created in response to the events of the nuclear era allow us to see them in a different way. They also help us to re-investigate the politics of the atomic age and in particular the persistent use of censorship.

In this talk, Gabrielle Decamous will explore the atomic age from the perspective of the arts, investigating atomic-related art inspired by the work of Marie Curie, the bombings of Hiroshima and Nagasaki, the Cold War tests in the Pacific, the disaster at Fukushima, and other episodes in nuclear history.

This book talk is organized by the Faculty of Languages and Cultures and based on the recent publication “Invisible Colors: The Arts of the Atomic Age” (MIT Press, 2019).

More at https://mitpress.mit.edu/contributors/gabrielle-decamous

放射能の影響は目に見えませんが、芸術によって放射能やその影響を可視化することができます。放射能の時代に起きた出来事に触発されて創作された芸術作品によって、放射能の影響を違う視点から見ることが可能になります。また、芸術作品を通じて、原子力時代の政治について、また特にいつの時代も行使される検閲制度の在り方についても改めて考察し直すことができるでしょう。

今回のトークイベントにおいて、ガブリエル・デカマス先生は芸術の視点から原子力時代(アトミック・エイジ)を読み解きます。対象となるのはマリー・キュリーの研究や、広島・長崎の原爆投下、冷戦時代の核実験、福島の原発事故、その他の核の歴史におけるさまざまなエピソードによって着想された原子力に関連する芸術作品です。

このトークイベントは、デカマス先生の近著“Invisible Colors: The Arts of the Atomic Age” (MIT Press, 2019)に基づき、言語文化研究院が主催するものです。

詳しくはこちらをごらんください:https://mitpress.mit.edu/contributors/gabrielle-decamous

公開講座 公開講座
公募 公募
学内情報 教育・研究関連
事務局リンク
厚生
FD
.