Japanese – Faculty of Languages and Cultures

Kyushu Debate Open 2018 (言語文化研究院共催、九州大学、文部科学省、外務省他後援)

Kyushu Debate Open 2018 (言語文化研究院共催、九州大学、文部科学省、外務省他後援)が、

明日から二日間(8月18日・19日)9:00開会式
その他の予定 https://kyushudebateopen.jimdo.com/home/tournament/time-schedule/
九州大学伊都キャンパスセンター1号館で開催されます。

九大プレスリリース
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/33866/18_07_27_2.pdf
大会HP
https://kyushudebateopen.jimdo.com/home/about/kyushu-debate-open/
最新情報はFacebook: https://www.facebook.com/QDO.KyushuDebateOpen/

学生主体の活動ですが、2014年から行われている日本で唯一の世界大会形式の国際ディベート大会です(代表は経済学部の2年生が務めています)。
今年は国連が推奨する持続可能な開発目標(SDGs)に世界で初めてコミットする世界大会方式の英語ディベート大会となります。

世界には貧困、健康、教育、ジェンダー、経済成長、国際関係など様々な課題がありますが、このディベート大会ではSDGsへの取り組みを英語で議論するこ
とで『誰も取り残されない』世界を実現するためのグローバルな人材の育成を目標に掲げています。ご見学等お気軽にお立ち寄りいただければと思います。

Kyushu Debate Open 2018顧問
九州大学言語文化研究院
教授 井上奈良彦

Dear Colleagues,

Kyushu Debate Open 2018 (co-sponsored by the Faculty of Languages &
Cultures, supported by Kyushu University, the MEXT, the MOFA, etc.) will be
held

at the Ito Campus (Center Zone Building 1)
from tomorrow (August 18th and 19th). Opening at 9:00
Schedule in detail:
https://kyushudebateopen.jimdo.com/home/tournament/time-schedule/

Please support the Tournament by coming to watch debates and sharing this
info with others.

This is the first “Worlds” or “British Parliamentary Debate” tournament
open to the public, fully committed to the UN SDGs (Sustainable Development
Goals). Debate motions will be related to the SDGs; the management process
is also committed to the SDGs; for example, the tournament will try to keep
the food loss/waste minimum and the committee is helping novice
participants to develop debating skills, which are essential to achieve the
development goals. The tournament is also a learning process of management
and intercultural communication for students on the organizing committee,
who have been preparing for the tournament with assistance from veteran
debate coaches and faculty members. (They will receive a university credit
based on this management experience.)

More than 70 teams from several countries will compete in multiple
preliminary rounds leading to the elimination tournament on the second day.
Debaters range from high-school students to university instructors, though
the majority is college students. Adjudicators (judges) are also invited
from several countries and they will also be evaluated in the preliminary
rounds to judge in the top rounds on the second day. The tournament will
be an opportunity for the participants to test their debating skills, to
learn the SDGs, to exchange ideas with other participants, and to enjoy a
glimpse of “Hakata”/”Itoshima” local life (foods, natural beauties, etc.).

Details in English: https://kyushudebateopen.jimdo.com/home/about/kyushu-
debate-open/
Updates in Facebook: https://www.facebook.com/QDO.KyushuDebateOpen/
Press Release in Japanese: http://www.kyushu-u.ac.jp/f/33866/18_07_27_2.pdf

Sincerely,
Narahiko INOUE
Faculty Advisor to Kyushu Debate Open 2018

International Friendship Debate (with Korea’s Ewha Womans University) at Kyushu University

The annual International Friendship Debate, inviting Korea’s Ewha Womans
University Debate Association with Professor Peter Kipp is held this
Thursday, August 16th at Ito Campus. The debate features four Ewha debaters
and four Kyushu debaters in a world-standard format of the BP (British
Parliamentary). The topic to debate will be related to the UN SDGs in line
with the following Kyushu Debate Open international debate tournament
(August 17 & 18). Admission is free and no reservation is necessary.

Time: 17:30-19:30 (Thursday, August 16th)
Venue: Ito Campus Center Zone Building 1 (6th floor Room 1601)

2018年8月15日-17日に毎年恒例、九州大学・梨花女子大学(韓国)の合同英語ディベートワークショップが開かれます。梨花女子大学よりPeter
Kipp助教授を招聘し、九州大学の学生と梨花女子大学の学生が共に学びます。

ワークショップのまとめとして、下記の日程で英語ディベート国際親善試合を行います。観覧はご自由ですので、「英語ディベートを見てみたい!」という方はこの機会にいかがでしょうか?

16日(木)17:30-19:30 センター1号館 1601教室

九州大学言語文化研究院
教授 井上奈良彦

2018年度第4回言文FD

Presentation Skills Taught At Nagoya University Writing Center (Mei-Writing)

講演者
Dr. Mark Weeks (Writing Center, Nagoya University)

開催の趣旨
九州大学学部1年生および高年次の学部生に対する英語のライティングおよびプレゼンテーションの教授法、およびライティングとプレゼンテーションの教材開発についての議論を深める

対象
言語文化研究院教員、英語のライティングおよびプレゼンテーションに関心のある教員、学部生、大学院生

開催日時
2018年8月9日 10時30分から12時

場所
1303教室(センター1号館3階)

申込方法
直接会場へお越しください。

主催
言語文化研究院

問合せ先
言語文化研究院教授 大津隆広

実施形態
部局の特性等を踏まえた自発的FD

内容
教授法研究(アクティブラーニング導入等)

2018年度第3回言語研究会例会

2018年度第3回言語研究会例会

日時8月2日(木)14:50-16:20

場所 E-C-541(イーストゾーン1号館5会言文会議室)

例会発表者 薛華民先生(南京理工大学 専任講師、言語文化研究院訪問研究員)

発表題目 日本語クラスにおける上位者と下位者の勉強観の比較: 個人別態度構造
分析(PAC分析)による事例研究

2018年度第2回言語研究会例会

2018年度第2回言語研究会例会

日時 7月5日(木)14:50-16:20
場所 E-C-541(イーストゾーン1号館5会言文会議室)

例会発表者 カスヤン先生
発表題目 『ドイツ・インターンシップ研修』の準備段階における語学教育:一年間で0からCEFRのA2水準へ

2018年度第3回言文FD

第3回言文FD
開催日:7月19日(木)
Venue:E-C-203会議室(イーストゾーン1号館2階)
FD名:科学研究費取得説明会(Tips on how to get the Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI))
Speakers:井上 (Inoue) 奈良彦先生、内田 (Uchida) 諭先生、山村 (Yamamura) ひろみ先生 (in Japanese alphabetical order)

2018年度第2回言文FD

第2回言文FD
Date and Time:平成30年5月24日(木)午後2時50分から30分程度(教授会前に開催)
Venue:E-C-203会議室(イーストゾーン1号館2階)
Agenda:九州大学学術情報リポジトリ(QIR)登録方法について(QIR (Kyushu U. Institutional Repository) registration)
Speaker:井ノ上 俊哉 氏(附属図書館eリソースサービス室・室長)
林 豊 氏(附属図書館eリソースサービス室・リポジトリ係・係長)
泉 愛 氏(附属図書館eリソースサービス室・リポジトリ係・係員)