【8月22】日英語ディベート国際親善試合(International Friendship Debate)

英語ディベート国際親善試合(International Friendship Debate)
韓国梨花女子大の学生と九大生が混成チームを組み、英国国会を模した即興型の公開ディベート試合で対戦します。見学無料。申し込み不要。

Members from the Debate Association of Ewha from Korea and Kyushu University ESS students will make up mixed teams to debate a motion given on the spot, representing the Government and the Opposition sides of the mock Parliament. The debate is open to public. Admission is free. No registration is needed.

【8.19-20】Kyushu Debate Open 2017

平成29年8月19日(土)、20日(日)に九州大学において「Kyushu Debate Open 2017」(旧名称:Kyushu Cup)が開催されます。この大会は国内外より70チーム(ディベーター140名)以上、経験豊富な審査員が参加する、ジアトップクラスの即興型英語ディベート大会です。即興型英語ディベートは、幅広い教養に裏打ちされた議論の能力を養成し、世界のエリートが共に学び競う場です。本大会は文部科学省や外務省を始めとする多くの団体の後援を受けつつ、九州大学の学生実行委員会が運営しています。

詳しくはこちら

梨花女子大合同授業、日米交歓ディベートの動画が公開

梨花女子大合同授業、日米交歓ディベートの動画が公開されました。
Kyushu-Ewha Joint Winter Debate 2017, taught by Joseph Zompetti, Shanna Carlson, and Peter Kipp: Videos are now online.
————————————————————————————
Japan-US Exchange Debate Tour 2017 at Kyushu University: Debate and Talk videos are now online.

【公開講座】異文化理解へのアプローチ-文学・メディアを通して

 

九州大学2017年度公開講座 言語文化研究院主催

異文化理解へのアプローチ

-文学・メディアを通して

10月28日(土)〜11月25日(土)

 

グローバル化が叫ばれる時代、日本でも外国人観光客が急速に増加し、至る所で外国語を耳にします。九州大学でも97カ国から来た約2500人の留学生が学んでいます。現代社会において外国との接触、そしてその「異文化理解」は私たちにとってもすでに欠かせない課題となっているのです。今回の公開講座では、英、米、フランス、中国、台湾などそれぞれの専門家により、文学やメディアといった観点から、この問題を深くかつわかりやすく解きほぐしていきます。巷に溢れる表面的な理解に止まることのない、真の国際理解を目指します。

 

日米交歓ディベート Japan-U.S. Exchange Debate 2017

隔年で来日する日米交歓ディベート・アメリカチームが6月13日(火)に九州大学を訪問し、下記の行事を行います。ご参加、ご見学、学生等へのお知らせ、お願いします。

I am happy to announce that our Faculty will sponsor a variety of events under the Japan-U.S. Exchange Debate at Kyushu University, co-sponsored by the JDA Kyushu Chapter and Kyushu University ESS, with a partial support from KAKENHI (26282054). (See http://flc.kyushu-u.ac.jp/~debate/ for updates.)The Japan-U.S. Exchange Debate Japan Tour 2017 (June 6-27) is hosted by the Japan Debate Association (JDA), with a special support of GTEC, in cooperation with the National Communication Association, Committee on International Discussion and Debate (NCA-CIDD)and All Japan High School English Debate Association (HEnDA). (See https://www.facebook.com/japan.debate/ for the updated tour information.)

(1)国際コース・ディベート公開授業
Demonstration Debate in the International Undergraduate Program in English

10:30 – 12:00. Ito Center Zone Building One, Classroom 1403

国際コースの英語ディベートの授業に「日米交歓ディベート2017」アメリカチームを迎え、公開ディベートを行います。見学希望の方はdebate@flc.kyushu-u.ac.jpまでご連絡ください。論題は「FBI等アメリカ司法当局はApple等IT企業に「バックドア・アクセス」を要求できるようにすべきか?」(定員30名。要申し込み、メール debate@flc. 6月12日17時まで受付)

An undergraduate debating course will invite the visiting American debate team to join the demonstration debate “Resolved: That US law enforcement agencies (such as the FBI) should have the right to force technology companies (such as Apple) to provide backdoor access. The US debaters (Mr. Elijah Smith from Wake Forest University and Ms. Allison Foust from Regis University) will join the teams of our international students. The accompanying debate coach, Dr. John M. Kephart III, Associate Professor of Communication Studies and Director of Forensics at California State University, Northridge, will give some feedback after the debate.
(30 seats will be available for registration by mail (debate@flc.) until Monday, June 12th, 17:00.)

(2)講演と討議「アメリカのディベート教育最新事情ーマイノリティー社会への影響」
Talk & Discussion “Changing trends in US academic debate: Reaching minority communities”

言語研究会第167回例会を兼ねます

13:30 – 14:30. SCS-FLC Building 321

かつては白人男性を中心とするエリート養成の活動とも考えられた教育ディベート(競技ディベート)は近年、参加者や議論のスタイルの多様性を図るかということが問題となってきました。また、都市部の貧困層の学校においてディベートによって学力格差を解消しようというUrban Debate Leagueに代表される活動も注目されています。日米交歓ディベートで来日中のカリフォルニア州立大学ケッパート博士に最新事情を伺い、参加者でディベート教育事情についてに議論します。

Dr. John M. Kephart III, Associate Professor of Communication Studies and Director of Forensics at California State University, Northridge, will talk about recent trends in educational debating activities in the U.S. in relation to an issue of accommodating diversities and empowering academically less privileged students in traditionally elitist activities of competitive debating. The talk will be followed by informal discussion among participants of graduate students and faculty members.

(3)高校生英語ディベート大会形式による公開ディベート
Demonstration Debate in Japan’s High School Style (HEnDA)

17:00-18:00. Ito Center Zone Building Two, Classroom 2107

全国高校英語ディベート連盟(HEnDA)の今年度大会論題(日本の移民政策を緩和すべきか)についてHEnDAと同一の形式で、九州大学学生と日米交歓ディベートアメリカチームが混成チームを作り公開試合を行います。

Kyushu University students and the visiting American debaters of the Japan-U.S. Exchange Debate Japan Tour 2017 will split into two teams to debate this year’s high school national debate topic in Japan “Resolved: That Japan should significantly relax its immigration policies.” The US debaters are Mr. Elijah Smith from Wake Forest University and Ms. Allison Foust from Regis University.

(4)英語即興型ディベート公開試合
Demonstration Debate in Asian Parliamentary Style

18:30-20:00. Ito Center Zone Building Two, Classroom 2107

パーラメンタリーディベートと呼ばれる、即興型ディベートの形式で、九州大学学生と日米交歓ディベートで来日中のアメリカ人学生が混成チームを作り、公開ディベートを行います。議題は当日発表します。
Kyushu University students from the ESS and the visiting American debaters of the Japan-U.S. Exchange Debate Japan Tour 2017 will split into two teams to debate under the format of the Asian-style “Parliamentary Debate” in which the motion is announced on the spot and all speeches will be extemporaneous. The US debaters are Mr. Elijah Smith from Wake Forest University and Ms. Allison Foust from Regis University.

J-US-Debate2017-HPcolor

高大連携英語教育懇話会が開催されます(H29.3.30)

 

九州大学大学院言語文化研究院英語科では社会連携活動の一環として、福岡市西区の伊都キャンパスにて、高等学校の英語担当の先生方との懇話会を下記の要領で開催したいと考えております。

日時:

平成29年3月30日(木)午後2時より2時間程度

場所:

九州大学伊都キャンパス 比較社会文化言語文化研究教育棟3階 321号室

〒819-0395 福岡市西区元岡 744
*アクセスについては九州大学ホームページ
http://suisin.jimu.kyushu-u.ac.jp/info/index.html を ご 覧 く だ さ い 。
*比較社会文化言語文化研究教育棟は下記のホームページ上の地図の 53 番です。最寄りのバス停は「九大ビッグオレンジ前」です。
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/28564/ito_jp.pdf
*車でご来場いただく際には、当日この案内状を入構ゲート横の守衛室に提示の上、入構手続きをしてください。入構料(300円)免除の上、1回限り有効なパス カードと入出門書が発行されます。

内容:

九州大学における英語教育カリキュラムの紹介
高校現場での英語教育の現況
高大の英語教育担当者の意見交換

英語担当の先生方のご参加をお待ち申し上げております。

ご参加希望の方は3月28日までにメールでお申し込み下さい。その際高校名と参加者名をお知らせ下さい。但し申込多数の場合は先着順となります。ご不明な点等も、下記までお問い合わせください。

申込先・問合先:九州大学大学院言語文化研究院英語科
高大連携英語教育懇話会担当
koudai@flc.kyushu-u.ac.jp

英語ディベート講習会(ジャッジ方法)

英語による教育ディベートの審査方法の講習会を開催します。ディベートの指導者,将来指導指導してみようという方を含め広く参加者を募集します。

講師は世界各地でディベートの指導をしているイリノイ州立大学教授ゾンペッティ博士と同大学ディベート部監督カールソン先生。参加者は今年度の高校生英語論題(ベーシックインカム)による模擬ディベートを見学しジャッジをします。

対象 一般向け、高校生向け、在学生・教職員向け、その他
開催日時 2017.02.17 (金) 13:00 ~ 2017.02.17 (金) 18:10
開催場所 伊都キャンパス
会場名 センターゾーン2号館
会場の住所 福岡市西区元岡744
定員 先着   30名
参加費 無料
イベント詳細 Debate Judge Workshop for Prospective Teachers and Coaches
sponsored by the Faculty of Languages & Culture
taught by
Dr. Joseph Zompetti, Professor of Communication, Illinois State University (U.S.A.)
and
Ms. Shanna Carlson, Director of Debate, Illinois State UniversitySessions:
13:00-14:30: Session 1. Lecture: How to judge debate.
14:50-16:20: Session 2. Demonstration debate (Resolved: That the Japanese government should adopt a social security system that provides a basic income to all Japanese citizens).
16:40-18:10: Session 3. Post-debate critique.

なお,この講座は,九州大学学部生対象の英語ディベート集中講義の一部を公開するものです。集中講義の他の授業を見学希望の場合は,下記井上までご連絡ください。

申込方法 事前申し込みの必要あり
[E-mail]
上記でお申し込みください。
※定員以上の希望者があれば,会場の教室を変更して対応できる予定です。伊都キャンパスセンターゾーンでの開催は変わりません。
申込受付期間 2017.01.29 (日) – 2017.02.13 (月)
お問合せ先 担当:言語文化研究院 井上奈良彦
電話:092-802-5747
Mail:debate★flc.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。
ホームページ
公開期間 2017.01.29 (日) – 2017.02.18 (土)
関連データ