news

Japanese

2019年度サイエンスアゴラにおいて、注目企画に選ばれました。

2019年度サイエンスアゴラ(11月15日―17日、東京・お台場地区:国立研究開発法人科学技術振興機構主催)において、網野薫菊・言語文化研究院共同研究者によるワークショップ『AIと人間の違いってなんだろう? ―個人背景・主観・カテゴリー付け...
news

シンポジウム「戯単、劇場と20世紀前半の東アジア演劇」および展示会は無事終了しました

シンポジウム「戯単、劇場と20世紀前半の東アジア演劇」および展示会は無事終了しました “戲單、劇場與二十世紀上半葉的東亞演劇”學術研討會(「戯単、劇場と20世紀前半の東アジア演劇」学術シンポジウム)は、8月27日、本研究院カス...
NO IMAGE Japanese

専任教員公募情報 (助教 中国語担当)

九州大学大学院言語文化研究院では、専任教員(助教 中国語担当)の公募をおこないます。 公募要項は下記リンクをご覧ください。
news

シンポジウム「戯単、劇場と20世紀前半の東アジア演劇」

“戲單、劇場與二十世紀上半葉的東亞演劇”學術研討會 (「戯単、劇場と20世紀前半の東アジア演劇」学術シンポジウム)のご案内 九州大学言語文化研究院は、8月27、28日に中国人民大学国学院と共同で、“戲單、劇場與二十世紀上半葉的東亞演...
news

本学学生が中国語スピーチコンテストに出場、入賞しました

2019年度全日本大学生中国語スピーチコンテスト南日本予選大会が6月1日長崎大学で開催され、本学から5名の学生が出場しました。「日中青年交流促進のために――私ができること」、「天下一家」という2つの演題から1つを選んで発表するもので、九州地...
Japanese

【教員新著】Gabrielle Decamous 准教授 Invisible Colors: The Arts of the Atomic Age (The MIT Press, 2019年2月5日出版)

Gabrielle Decamous 准教授による著書 Invisible Colors: The Arts of the Atomic Age が、2019年2月5日にThe MIT Pressより出版されました。 Abstract...
Japanese

Symposium: English in Contact

Kyushu University, Faculty of Languages and Cultures, will host a two-day symposium on current research into language co...
Japanese

シンポジウム「現代における揺れ動く身体と言語」

2000年代もすでに19年を経過しています。18世紀、19世紀、そして20世紀をへて現代にまでに至る流れは、その大きな動きの中で、安定化に向かうプロセスとともに、それに抗うような揺れを示してきました。 今回その揺らめきを身体と言語とい...
news

世界初の国際日本語ディベート選手権で本学学生が活躍

国際日本語ディベート選手権 言文学術研究者の久保健治氏が中心となり開催されました。今年度は「九州大学言語文化研究院ディベート教育研究室」を協力団体としましたが、来年度(開催予定)は言語文化研究院の協力もしくは名義共催で行う予定です。 ...
Japanese

シンポジウム・公開講座「物語の〈終わり/始まり〉:文学の現在,わたしたちの未来」は成功裡に終了しました

2019年2月8日(金)15時より,九州大学伊都キャンパス中央図書館4階「きゅうとコモンズ」において,シンポジウム・公開講座「物語の〈終わり/始まり〉:文学の現在,わたしたちの未来」が開催されました. 作家の深沢潮氏と温又柔氏をお迎え...
公開講座 公開講座
公募 公募
学内情報 教育・研究関連
事務局リンク
厚生
FD
.