news

Japanese

【教員新著】Gabrielle Decamous 准教授 Invisible Colors: The Arts of the Atomic Age (The MIT Press, 2019年2月5日出版)

Gabrielle Decamous 准教授による著書 Invisible Colors: The Arts of the Atomic Age が、2019年2月5日にThe MIT Pressより出版されました。 Abstract...
Japanese

Symposium: English in Contact

Kyushu University, Faculty of Languages and Cultures, will host a two-day symposium on current research into language co...
Japanese

シンポジウム「現代における揺れ動く身体と言語」

2000年代もすでに19年を経過しています。18世紀、19世紀、そして20世紀をへて現代にまでに至る流れは、その大きな動きの中で、安定化に向かうプロセスとともに、それに抗うような揺れを示してきました。 今回その揺らめきを身体と言語とい...
news

世界初の国際日本語ディベート選手権で本学学生が活躍

国際日本語ディベート選手権 言文学術研究者の久保健治氏が中心となり開催されました。今年度は「九州大学言語文化研究院ディベート教育研究室」を協力団体としましたが、来年度(開催予定)は言語文化研究院の協力もしくは名義共催で行う予定です。 ...
Japanese

シンポジウム・公開講座「物語の〈終わり/始まり〉:文学の現在,わたしたちの未来」は成功裡に終了しました

2019年2月8日(金)15時より,九州大学伊都キャンパス中央図書館4階「きゅうとコモンズ」において,シンポジウム・公開講座「物語の〈終わり/始まり〉:文学の現在,わたしたちの未来」が開催されました. 作家の深沢潮氏と温又柔氏をお迎え...
Japanese

2018年度後期 言文中国語・韓国語合同FD

今年度後期も、中国語・韓国語合同FDを以下の通りに実施しました。活発な議論が展開され、言語教育についての思考を深める良い機会となりました。 2019年1月28日(月) 12:10~12:50 単 艾婷 先生(九州大学非常勤講師)「イメ...
Japanese

講演会「隣国を「編集」する」は無事に終了いたしました

2018年12月19日(水)16時40分より,九州大学伊都キャンパスセンター2号館2203教室において,西日本新聞社の平原奈央子(ひらばる・なおこ)記者の講演会「隣国を「編集」する」を開催いたしました.本講演会は,言語文化研究院が主催する外...
Japanese

講演「黄河、揚子江の水を北京へ」は盛況のうちに終了しました

外国語週間の中国語企画は12月3日(月)、荏原製作所の関谷正人・製品営業部長をお招きし、「黄河、揚子江の水を北京へ」と題してご講演いただきました。中国をはじめ世界各地でダムや発電所用の大型ポンプを多数納入してきた経験に、約80名の学生が熱心...
Japanese

講演会「悩める精神科医がものを書くとき」は成功裡に終了いたしました

2018年11月28日(水)16時40分より,九州大学伊都キャンパスセンター2号館2203教室において,精神科医で作家の松嶋圭氏と言語文化研究院の辻野裕紀准教授との対談「悩める精神科医がものを書くとき」が行われました.本学の学生や教職員のみ...
Japanese

2018年度 外国語週間

2018年度 外国語週間 主催:九州大学言語文化研究院 12月3日(月)―12月22日(土):伊都キャンパスセンターゾーン 企画一覧 ドイツ語 12月3日(月)5限:1402教室 講演:渡...
公開講座 公開講座
公募 公募
学内情報 教育・研究関連
事務局リンク
厚生
FD
.