j-公募

公募

九州大学大学院言語文化研究院 助教

(英語e-learning科目担当)の公募

九州大学言語文化研究院では、下記の要領で専任教員を公募します。

1.採用予定職名: 大学院言語文化研究院 助教(英語担当)

2.採用予定人員: 1名

3.研究分野: 英語教育関連分野

4.職務内容:

(1)言語環境学部門: 言語教育学講座における研究

(2)基幹教育言語文化科目英語関連科目(CALL)の学習管理および学習履歴を含むデータ分析等。なお、CALL以外の基幹教育言語文化科目等を担当する可能性がある。

(3)(2)の科目を実施するための企画・運営・調整等に関わる諸業務

(4)学内の委員会等大学の運営にかかわる業務

(5)大学の入学試験にかかわる業務

5.勤務形態:

常勤(任期あり)

・当初の雇用期間は3年とする。

・審査の上期間を更新することがありうる。

・1回目の更新は3年とする。

・2回目の更新は4年とし、雇用期間を通算して10年を超えないものとする。

6.応募資格:

(1)博士の学位(見込含む)あるいはこれと同等の学歴および研究業績を有すること。

(2)CALLを含むe-learning科目またはデータ処理に関する経験と知識を有すること。

(3)大学における英語関連科目の教授経験(非常勤を含む)を有すること。

(4)学術英作文の教授能力を有すること。

(5)国籍は問わないが、業務に支障のない日本語運用能力を有すること。

7.採用予定日:2019年4月1日

8.待遇:

(1)身分…教員(年俸制)

(2)給与…「国立大学法人九州大学教員(年俸制)給与規程」に基づき支給

(3)保険等…文部科学省共済組合に加入

(4)勤務時間…専門業務型裁量労働制

(5)土曜日および日曜日、国民の祝日、12月29日から翌年の1月3日までの日

9.提出書類:

(1)履歴書(所定の書式か、それに定める要件を満たす書式を利用すること。)

(2)業績書(所定の書式か、それに定める要件を満たす書式を利用すること。「研究業績」については、著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順に並べる。単著・共著および論文については審査の有無を明記する。科学研究費の採択実績、その他外部資金取得実績、特筆すべき社会貢献活動などがある場合は別に列挙すること。)

(3)主要業績2点(業績書の該当箇所を丸で囲んでください)

(4)英語教育やCALL科目の管理・データ分析に関する経験および抱負について、①英語800語以内および ②日本語1200字以内(A4形式)

(5)学位記のコピー(最終学位のみ)

(6)推薦者2名の氏名、所属および照会先電子メールアドレス

提出書類(1)(2)の所定の書式で作成する場合は、下URLよりダウンロードしてください。

https://archive.iii.kyushu-u.ac.jp/public/Rj58gAKIdM8A_KQB45VngqeAx2bwuyLR44JcS6NQEbG8

10.提出期限: 日本時間2019 年1月7日(月)必着

11.提出先:  応募書類はすべてPDFファイルに出力し、(1) JREC-INのウェブ応募、もしくは(2)メールによる応募のいずれかでおこなってください。

(1)JREC-INのウェブ応募では、応募書類は全て1つのPDFファイルにまとめて出力し、アップロードしてください。

(2)メールによる応募の場合、件名に〈氏名〉と「助教(英語CALL科目担当)応募書類」を併記してください。なお、容量が10MBを超えたメールは受信できません。

メールによる提出先アドレス:call-instructor[at]flc.kyushu-u.ac.jp([at]を@に置き換えて送信してください。)

応募後2日以内に、受領確認メールをお送りします。応募書類の受領状態については、返信メールをご確認ください。

12.選考方法:

(1)提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接ならびに候補者による模擬授業を行う場合もあります。

(2)面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。

(3)審査の最終結果は採否にかかわらず応募者全員にメールにて通知します。

(4)提出された書類等は、原則として返却しません。また、提出された書類は本選考のみに使用し、その目的以外には使用しません。

13.問合せ先: 九州大学大学院言語文化研究院

井上奈良彦(inouen[at]flc.kyushu-u.ac.jp、[at]を@に置き換えて送信してください。)

14.その他:  九州大学では、「男女共同参画社会基本法」(平成11年法律第78号)、「障害者基本法」(昭45年法律第84号)、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、および「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成25年法律第65号)の精神に則り、教員の採用を行っています。また、九州大学では、平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

 

言語環境学部門助教(英語担当)

 

募集人員   助教(英語)1名(常勤)

所属         九州大学大学院言語文化研究院言語環境学部門

専門分野   言語学、英語教育学、コミュニケーション学、および関連分野

職務内容

(1)言語環境学部門における研究

(2)基幹教育言語文化科目(英語)および関連科目の担当 週5コマ

(3)(2)の科目を実施するための企画・運営・調整等に関わる諸業務

(4)言語文化研究院における運営管理業務

(5)学内の委員会や入学試験等、大学の運営に関わる業務

(6)将来的には関連する学部や大学院において授業担当および学生指導の可能性があります。

応募資格

(1)言語学、英語教育学、コミュニケーション学、または関連分野において博士号を有すること(着任時に取得見込みを含む)

(2)優れた英語運用能力を持ち、英語で授業ができること

(3)授業および大学の管理運営業務を果たす上で支障のない日本語能力を有すること

(4)大学において英語関連科目の授業担当経験(非常勤講師を含む)を有すること

着任時期   2019年4月1日

提出書類       J REC IN Portal (https://jrecin.jst.go.jp)の「九州大学大学院言語文化研究院言語環境学部門英語担当助教公募」公募情報に添付している履歴書および研究教育業績目録の書式を用いて、全ての書類をJ REC IN Portal Web応募または下記応募書類提出先まで電子メールで送付して下さい。

(1)履歴書:連絡先として、住所、電話番号、電子メールアドレス、さらに照会先(推薦者)2名の連絡先、を明記して下さい。所属学会およびその役職を含む。

(2)研究教育業績目録:著書、論文、学会発表、その他に分け、最新の発表年から並べ、単著・共著の別、論文については審査の有無を明記して下さい。(3)の主要研究業績3点については、該当番号を◯で囲んで下さい。

(3)主要研究業績3点:著書あるいは学術論文等3点(コピー可)。英語で書かれたものが少なくとも一点は含まれること。

(4)教育・研究への抱負

英語教育および自身の研究活動に関する抱負を、日本語1,500字以内、英語1,000語以内で書き、双方を提出して下さい。

(5)最終学歴の学位記のコピー(未取得者にあっては着任までに博士号を取得できることを証明する書類)

備考:電子メール送付の場合は、件名に「英語担当助教公募書類」と明記して下さい。

提出された情報は、本選考にかかる目的以外には使用しません。

選考方法

(1)提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う場合があります。
(2)面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。
(3)選考結果は、最終選考終了後に電子メールで本人にお知らせします。

公募締切   2018年9月28日午後5時

応募書類提出先および問い合わせ先

〒819-0395 福岡市西区元岡744番地
九州大学大学院言語文化研究院言語環境学部門 教授 大津隆広
電子メール otsu@flc.kyushu-u.ac.jp

備考        九州大学では、「男女共同参画社会基本法」(平成11年法律第78号)、「障害者基本法」(昭45年法律第84号)、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、および「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成25年法律第65号)の精神に則り、教員の採用を行っています。

 

[Available positions]

Assistant Professor (full-time), 1 position

[Affiliation]

Department of Linguistic Environment, Faculty of Languages and Cultures, Kyushu University

[Research field]

Linguistics, English education, Communication or related areas

[Job details]

(1) Conducting research in the Department of Linguistic Environment.
(2) Teaching English and other related courses (equivalent to five 90-minute classes per week).
(3) Development and management of the foreign language curriculum.
(4) Administrative duties in the Faculty of Languages and Cultures.
(5) University management including committee participation and entrance exams.

(6) It is possible that the successful candidate will teach courses at a graduate or undergraduate level in the future.

[Qualifications]

(1) A doctoral degree in Linguistics, English education, communication or related areas (The degree must have been already conferred or must be expected before the employment starts).
(2) Advanced communication skills in English and ability to teach classes in English.
(3) Ability to conduct administrative works in Japanese.
(4) Experiences in teaching English at a university level.

 

[Starting date]
2019/04/01

[Application documents]

Each of the application documents (1) – (5) must be converted into a single PDF file and either submitted using the “Web application” function of J REC IN Portal (please use the attached CV and achievement forms) or sent to the contact address below via e-mail.
(1) Curriculum Vitae (attached form). Please include education and employment records, affiliated academic associations (with official titles if any), contact information (postal address, telephone number, and e-mail address), and two names and contact information of references.
(2) List of Academic Achievements (attached form). All the items should be listed in chronological order (most recent first) and labeled as “single-authored” or “co-authored”. Peer-reviewed publications should be marked as such. Grants such as the Grant-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI) or other competitive funding should be listed. “Educational Experiences” must list courses previously taught and describe works related to curriculum development and management. Other items such as community involvement should be listed separately.
(3) Copies of three major research publications, including at least one work written in English. (Please circle the corresponding items in the list of academic achievements).
(4) Statement of teaching philosophy and research perspectives at Kyushu University. Both a Japanese version (less than 1,500 characters) AND an English version (less than 1,000 words).

(5) Copies of the highest degree certificates conferred. (If a doctorate degree is not in hand, send a document to show that the degree will be expected before the employment starts.)
Notes:

(1) When you send the documents to the contact address below via e-mail, write “Application Documents for Assistant Professor” at the head of the subject space.
(2) The application documents will be used only for this screening purpose.

[Selection process]
(1) After reviewing the application documents, candidates might be invited for an interview.
(2) All transportation and accommodation fees for the interview must be paid by the candidates themselves.
(3) After the final selection has been made, all the applicants will be notified of the result via e-mail.

[Application deadline]

2018/09/28 (5 p.m. Japan Time)

[Contact details]
Takahiro OTSU
Professor, Kyushu University
Faculty of Languages and Cultures
Motooka, Nishi-ku, Fukuoka
819-0395 JAPAN
Email: otsu@flc.kyushu-u.ac.jp

 

[Additional Information]

Kyushu University employs faculty members in accordance with the principles of the Basic Act for a Gender-Equal Society (1999), the Basic Act for Persons with Disabilities (1970), the Act for Promotion of Employment of Persons with Disabilities (1960), and the Act on the Elimination of Discrimination against Persons with Disabilities (2013).

 

公開講座 公開講座
公募 公募
学内情報 教育・研究関連
事務局リンク
厚生
FD
.