j-研究院長挨拶

 

 

研究院長挨拶

「九州大学大学院言語文化研究院」は2000年4月1日に発足しました。現在のような「言語環境学部門」(「言語教育学講座」と「言語情報学講座」)ならびに「国際文化共生学部門」(「国際共生学講座」と「国際文化学講座」)の2部門4講座構成に改組されたのは、2006年10月1日のことです。

本研究院の前身は、「九州大学言語文化部」です。これは1988年4月1日、九州大学(旧)教養部から、言語文化教育の実施責任部局として、分離・発足したものでした。

本研究院教員の研究領域は、応用言語学、第二言語習得論、歴史言語学、比較言語学、音韻論、語用論、文法論、異文化コミュニケーション論、議論学、談話論、文学研究、地域文化論、中世西洋史、メディア論、国際協力・国際開発論、ジェンダー研究等々、きわめて多岐にわたっています。各教員の研究内容については、本サイトの「教員紹介」をご覧ください。

研究組織として優れた研究成果を達成することが「言語文化研究院」の責務であることはもちろんですが、本研究院はまた、基幹教育における言語文化教育を極めて重要なミッションとして位置づけています。本研究院の専任教員は、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国語の教育を担当しています。多くの学生さんにとって、英語以外の言語は初修であり、英語はそうではないと思いますが、いずれの場合でも、言語は世界に開く窓です。複雑化する世界の中で、私たちは世界の文脈の中でものを考え、進む道を求めていかねばなりません。そのためには、異なる価値観を持つ異文化との協調・共生により、日本および国際社会の発展を遂げていく必要があります。その大きな足ががりになるのが、言語文化の学習であり、これをもとに深い国際的教養と高い言語コミュニケーション能力を持つ真のグローバル人材を目指すことが肝要です。

九州大学の言語文化教育においては、2014年度からスタートした新学術英語カリキュラムQ-LEAPがあります。共創学部等にはその創設理念に沿った独自のカリキュラムを提供しています。英語は非母語話者も含めた学術や国際社会のコミュニケーション言語となっており、その重要性は言うまでもありません。しかし、その他の外国語のカリキュラムも重要です。窓が複数出来ることが混迷する国際社会におけるものの見え方を立体化させます。また、英語ができることが「普通」になってきている昨今、それ以外の言語についての素養が持つ価値が増大してきています。

「言語文化研究院」の教員による研究の成果は、基幹教育における言語文化教育のみならず、学府(大学院)教育にも還元されています。本研究院の多くの教員がさまざまな学府(地球社会統合科学府、人間環境学府、人文科学府、経済学府)における教育にかかわり、研究の知見を大学院生にも還元しているのです。また、本研究院の研究成果は、「共創学部」での教育を通じて学部教育にも活かされています。

以上のように「言語文化研究院」は、研究組織として高い実績をあげ続けていく一方で、言語文化教育の担当部局として効果的な基幹教育を推進しつつ、学府教育・学部教育にも多大の努力を傾注するという、困難な課題に取り組んでいます。

「言語文化研究院」の教員一同は、更なる研鑽を積み、部局内での連携、外部部局との協同により、上記の困難な課題に挑戦します。学内外の皆様には、今後ともいっそうのご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2019年6月
九州大学大学院言語文化研究院長
鈴木右文

公開講座 公開講座
公募 公募
学内情報 教育・研究関連
事務局リンク
厚生
FD
.