エリア発展の授業について(仮)

投稿者: | 2019年9月9日

シラバス(仮)です。

【概要】

一口に「ことばの研究」と言っても実に様々な領域が含まれる。この授業では「ことばの研究」についての視野を広げるため、可能な限り多くのテーマについて取り上げる。とりわけ、言語そのものの研究である音声学、意味論、語用論や、第1言語および第2言語の習得メカニズム、さらに異分野融合的な研究などに触れる予定である。「概観」を目的とするこの講義では、それぞれに深く入っていくことは難しいため、授業外での関連論文・文献のリーディングを課題とし、その内容等について授業内で英語での発表時間を設ける。

【授業計画】

  1. イントロダクション:ことばの研究の諸相 / Introduction to linguistic analysis
  2. 言語の研究(1):音声学、形態論、統語論 / Studies on language (1): phonetics, morphology, and syntax
  3. 言語の研究(2):意味論、語用論、社会言語学 / Studies on language (2): Semantics, pragmatics, and sociolinguistics
  4. 言語習得の研究(1):第1言語習得 / Studies on first language acquisition
  5. 言語習得の研究(2):第2言語習得 / Studies on second language acquisition
  6. 応用的な言語研究(1):異分野融合研究 / Interdisciplinary language studies
  7. 応用的な言語研究(2):テキストマイニング / Language studies using text mining
  8. まとめと発表 / Summary and presentation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です