大学院の授業(月4)について / Notice for graduate course (Mon.4)

投稿者: | 2020年4月15日

【重要な連絡/ Important Notice】

前期は基本的にオンラインで授業(オンデマンド方式)を実施します。前半はコーパスをテーマに課題論文(できるだけオンラインで利用可能なものにします)を渡しますので、それを毎週レポートしてもらう予定です。後半は各自自分の研究に関連する論文を見つけてきてもらって、それをレポートします。また、参加者同士で論文を交換し、内容について議論をする予定です。Moodleを利用しますが、こちらのページにも連絡事項を記すことがありますのでチェックしておいてください。

In the first semester, classes are basically conducted online (on-demand style). For the first half, you will be assigned a paper (which should be available online) every week on the subject of corpus, and you will be asked to report on it each week. In the second half, each student is asked to find a paper related to his or her research and report on it. I also plan to do “exchange reading” using the papers you find. We will be using Moodle, but please check this page for updated information as well.

【概要】

本授業では、コーパス言語学分野の論文を読み進めていく。言語コーパスは言語研究における主要な分析手段の一つである。主要なコーパス研究の論文や書籍などから、具体的な実践例を学ぶことを目指す。

In this class, students will read papers in the field of corpus linguistics. The linguistic corpus is one of the major analytical tools in language research. Students will learn specific practical examples from major corpus research papers and books.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です