j-公募

 

 

令和4年11月18日

教員(専任)の公募について

本研究院では、下記の要領により教員(専任)の公募を行います。

 

 

1.採用職名:准教授(大学院言語文化研究院 国際文化共生学部門 国際共生学講座所属、英語担当)、常勤

2.採用予定人員: 1 名

3.専門分野: 現代英米文学、特にルポルタージュ文学

4.職務内容:

(1) 言語文化研究院国際文化共生学部門国際共生学講座における研究

(2) 基幹教育言語文化科目英語および関連科目の担当。週平均 5 コマ(前期と後期で担当コマ数が異なることもある)

(3) (2)の科目を実施するための企画・運営・調整等に関わる諸業務

(4) 学内の委員会等(入試業務を含む)大学の運営に関わる業務

5.応募資格:以下のすべての条件を満たしていること

(1) 英米文学ないし関連領域において博士号を有すること

(2) 高度な英語運用能力を持ち、英語で授業を行うことができること

(3) 大学において英語関連科目の教授歴を5年以上有すること

(4) 英語アカデミックライティングの教授能力を有すること

(5) 職務遂行上十分な日本語運用能力を有すること

6.採用予定日:2023 年 4 月 1 日

7.雇用期間: 雇用期限の定めなし(ただし、定年退職の年齢については本学の定めによる)

8.待遇: 以下に示す通り

(1) 給与:年俸制(令和 2 年 4 月 1 日導入)

なお、年俸額については本学の関係規程に基づき学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。待遇に関しては以下に問い合わせて下さい。

九州大学人文社会科学系総務課人事係 jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp

 (2) 就業時間:専門業務型裁量労働制により 7 時間 45 分働いたものとみなされます。

(3) 休日:土日、祝日、12/29~1/3

(4) 加入保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金

(5) 受動喫煙防止措置の状況:敷地内全面禁煙

9.就業場所:福岡県福岡市西区元岡 744 九州大学伊都キャンパス(イーストゾーン)

10.提出書類: 下記書類を全て1つの PDF にまとめて JREC-IN の電子申請を通してご送付ください。

(1) 履歴書(JREC-IN の本公募要領に添付された所定の様式に記入してください。連絡先として、住所、電話番号、電子メールアドレスを明記すること)

(2) 業績書(JREC-IN の本公募要領に添付された所定の様式に記入してください。著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順に並べる。著書および論文については審査の有無を明記すること。また、主要業績3点を丸で囲むこと。

(3) 主要業績 3 点、およびそれぞれについて500字以内の日本語の要旨を添えること。

(4) 英語教育および自身の研究にかんする抱負、英文500語程度でまとめること。

(5) 学位記のコピー(最終学位)

(6) 推薦者2名の照会先電子メールアドレス

11.提出期限: 2022 年 12 月 19 日(月)必着 (日本時間)

12.提出先: JREC-IN Portal の Web 応募を利用してください。https://jrecin.jst.go.jp

(1) 提出された書類等は、原則として返却しません。

(2) 提出された書類は選考のみに使用し、その目的以外には使用しません。

13.選考方法:

(1) 提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う場合もあります(オンライン面接可)。

(2) 面接時に、模擬授業を行っていただく場合があります。

(3) 面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。

(4) 審査の結果は、メールにて通知します。

14.問合せ先: 九州大学大学院言語文化研究院教授 佐藤正則

msnrsato@flc.kyushu-u.ac.jp 

15.その他:

九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成 11 年法律 78 号)、障害者基本法(昭和 45 年法律第 84

号)、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和 35 年法律第 123 号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成 25 年法律第 65 号)」の趣旨に則り、教員の選考を行います。九州大学では、平成 29 年 7 月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

 

Job Announcement for Associate Professor Position   November 18, 2022

The Faculty of Languages and Cultures, Kyushu University is seeking an associate professor to teach English with the conditions below.
1. Affiliation: The Faculty of Languages and Cultures (FLC), Kyushu University, Fukuoka, Japan
2. Number of Vacancies: One Position for Associate Professor (tenured)
3. Field of Research: Contemporary British and American literature, especially reportage literature
4. Job Description:
(1) Research at the Faculty of Languages and Cultures
(2) Teaching approximately five 90–minute EFL (English as a Foreign Language) classes per week per semester primarily to undergraduate students (i.e., equivalent to 10 classes per year.)
(3) Organizational and coordinating duties related to (2).
(4) Administrative duties including engagement in university committees and entrance exams
5. Required Qualifications:
(1) PhD or an equivalent doctoral degree in a relevant field (The degree should be conferred by the time of appointment.)
(2) Ability to teach in English
(3) A minimum of 5 years’ experience teaching English at the university level.
(4) Ability to teach Academic English Writing
(5) Japanese ability sufficient to carry out administrative duties.
6. Start of Appointment: April 1st, 2023
7. Terms of Employment: Tenured (until the University’s mandatory retirement age, currently 65 years old).
8.
(1) Salary: An annual salary based on academic background, teaching & work experiences, etc. will be calculated in accordance with the work rules and salary regulations of Kyushu University.
(2) Working hours: KU allows the employee to engage in his/her work while leaving it to his/her discretion to decide the means and the allotment of time for performing the work and regarding them as having worked for the prescribed number of working hours (7 hours and 45 minutes), irrespective of how much time he/she has actually spent on his/her work.
(3) Days off: Every Saturday and Sunday, national holidays, and other days as specified (e.g. New Year’s holiday)
(4) The employee enrolls in the health insurance, pension insurance, mutual retirement pension programs of Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Mutual Society, and employment insurance of Ministry of Health, Labor and Welfare.
(5) Further inquiries into working conditions should be emailed to “Human Resources Section”: jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp
(6) In according with university passive smoking measures, all sites on campus are smoke-free.
9. Location: Kyushu University, 744 Motooka, Nishi-ku, Fukuoka, 819-0395 JAPAN
10. Application documents: The following must be sent in a single PDF form.
(1) A full curriculum vitae. Each job experience item must contain specific information as to whether the position is/was full-time or part-time. Use the attached form provided in the JREC-IN application site.
(2) A list of publications (indicate whether refereed or non-refereed). Use the attached form provided in the JREC-IN application site.
(3) Three major research publications, each accompanied with a Japanese abstract within 500 characters (also circle the corresponding items in your list of publications).
(4) Statement of your research and EFL teaching philosophy (approximately 500 words in English).
(5) A photocopy of your degree certificate (final education only).
(6) Names and e-mail addresses of two people who can be contacted for references.
11. Deadline for applications: Applications must arrive no later than Monday, December 19, 2022 (Japan Time).
12. Use Web application at JREC-IN (https://jrecin.jst.go.jp) to upload the above materials. Application materials will only be used for selection purposes and they will not be returned to the applicants.
13. Selection Process:
(1) After several stages of reviewing the application materials, shortlisted candidates might be invited for an interview (either in person or online).
(2) Those invited for an interview might be requested to give a trial lesson in English.
(3) No travel expenses for the interview will be borne by Kyushu University.
(4) After the final selection has been made, applicants will be informed of the result via email.
14. For all queries, please contact Professor Masanori SATO (msnrsato@flc.kyushu-u.ac.jp).
15. Others:
Kyushu University employs faculty members in accordance with the principles of the Basic Act for a Gender-Equal Society (1999), the Basic Act for Persons with Disabilities (1970), the Act for Promotion of Employment of Persons with Disabilities (1960), and the Act on the Elimination of Discrimination against Persons with Disabilities (2013).
Kyushu University established the System of Employment of Faculty Members with Accompanying Spouse in July 2017.

令和4年11月8日

教員(専任)の公募について

九州大学大学院言語文化研究院では、下記の要領で専任教員を公募します。

  1. 採用予定職名:大学院言語文化研究院 言語環境学部門言語情報学講座准教授(英語担当)
  2. 勤務形態:常勤(任期なし)
  3. 採用予定人員:1名
  4. 研究分野:コーパス言語学、認知言語学、および関連領域
  5. 職務内容:
  • 言語情報学講座における研究
  • 基幹教育言語文化科目英語(学部共通科目)の担当週5コマ程度(年間10コマ相当)
  • 英語カリキュラム・教材開発などに関わる諸業務
  • 学内の委員会や入学試験等、大学の運営に関わる業務
  • 将来、学部や大学院の専門科目を担当する可能性もある
  1. 応募資格:
  • 言語学及び関連領域において博士号を有する
  • 大学において英語関連科目の教授経験を有する
  • 高い英語運用能力を有し、英語による授業を支障なく行うことができる
  • 学術英作文の教授能力を有する
  • DX (Digital Transformation)に関連するスキルを有する
  • 日本語を用いて業務を支障なく行うことができる
  1. 採用予定日:2023年4月1日
  2. 勤務地:福岡県福岡市西区元岡744 九州大学伊都キャンパス
  3. 待遇:
  • 給与:年俸制(令和2年4月1日導入の年俸制)になります。なお、年俸額については本学の関係規程に基づき学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。
  • 就業時間:専門業務型裁量労働制により7時間45分働いたものとみなされます。
  • 休日:土日、祝日、12/29~1/3
  • 加入保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
  • 受動喫煙に対する措置:敷地内全面禁煙
  • 待遇に関する問い合わせ先:九州大学人文社会系総務課人事係jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp
  1. 提出書類:(1) (2) は指定の書式を使用すること。
  • 履歴書
  • 業績書(著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順に並べる。著書および論文については審査の有無を明記し、主要業績3点を丸で囲むこと。主要業績には、英語論文を含むこと)
  • 主要業績3点
  • 教育・研究に関する抱負(英語500語程度、及び日本語1000字程度)
  • 学位記のコピー(最終学位)
  • 推薦者2名の照会先メールアドレス

*提出された書類は選考のみに使用し、その目的以外には使用しません。

  1. 提出期限:2022年 12月 9日(金)必着
  2. 提出方法:応募書類はすべてPDFファイルとしJREC-IN Portal )から提出。
  3. 選考方法:
  • 提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う可能性があります。
  • 面接では模擬授業をお願いする場合があります。
  • 面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。オンライン面接も可能です。
  • 面接対象者へは、メールにて通知します。
  1. 問合せ先:九州大学大学院言語文化研究院英語准教授選考専門委員会 井上奈良彦教授 inouen@flc.kyushu-u.ac.jp
  2. その他:九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律78号)、障害者基本法(昭和45年法律第84号)「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65)」の趣旨に則り、教員の選考を行います。また、九州大学では平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。


Job Announcement for Associate Professor of English (Kyushu University, Linguistic Information)

Faculty of Languages and Cultures, Kyushu University is seeking for a qualified candidate for a tenured position of an associate professor as follows:

  1. Affiliation: Kyushu University, Faculty of Languages and Cultures (FLC), Department of Linguistic Environment, Section of Linguistic Information.
  2. Employment Status: Full-time, tenured.
  3. Number of Vacancies: One Position for Associate Professor.
  4. Field of Research: Corpus Linguistics, Cognitive Linguistics, or other related fields.
  5. Job Description:
  • Research in Linguistic Information.
  • Teaching approximately five 90-minute EFL (English as a Foreign Language) classes per week per semester primarily to undergraduate students, i.e., equivalent to 10 classes per year.
  • Curriculum development, and teaching materials development.
  • Administrative/management duties, including entrance examinations.
  • Possible future opportunities to teach undergraduate/graduate content courses.
  1. Required Qualifications:
  • A doctoral degree in Linguistics or a relevant field.
  • Previous experience of teaching English at the university level in Japan.
  • Fluency in English and Skills to teach EFL classes in English.
  • Skills to teach Academic Writing in English.
  • Skills related to DX (Digital Transformation)
  • Ability to conduct above duties in Japanese.
  1. Start of Appointment: April 1, 2023
  2. Place of work: Kyushu University Ito Campus, 744 Motooka, Nishi-ku, Fukuoka, Japan.
  3. Terms of Employment:
  • Annual Salary: Commensurate with age and qualifications, based on the guidelines for the Kyushu University Salaries.
  • Working hours: Kyushu University allows the employee to engage in his/her work while leaving it to his/her discretion to decide the means and the allotment of time for performing the work and regarding them as having worked for the prescribed number of working hours (7 hours and 45 minutes), irrespective of how much time he/she has actually spent on his/her work.
  • Days off: Every Saturday and Sunday, national holidays, and other days as specified.
  • The employee enrolls in the health insurance, pension insurance, mutual retirement pension program, and employment insurance.
  • Measures against passive smoking: No smoking on the premises.
  • Questions about employment terms should be directed to Personnel Section: jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp
  1. Application documents:
  • A full curriculum vitae. Each job experience item must contain specific information as to whether the position was full-time or part-time.
  • A list of research and teaching achievements. Publications must be labeled as refereed or non-refereed.
  • Copies of three major research publications (Mark the corresponding items in the list.)
  • Statement of aspiration for research and teaching (approx. 500 words in English and 1000 characters in Japanese).
  • Photocopy of highest degree certificate.
  • Two references (names and e-mail addresses)

*The submitted documents shall be used solely for the purpose of this selection.

  1. Deadline for applications: December X (Fri.), 2022.
  2. Application method: All documents should be submitted to JREC-In Web Portal (https://jrecin.jst.go.jp).
  3. Selection Process:
  • After the first stage of reviewing the application materials, shortlisted candidates may be invited for an interview (either in person or online).
  • You may be asked to give a demo lesson during the interview.
  • No travel expenses for the interview will be borne by Kyushu University.
  • After the final selection has been made, applicants will be informed of the result via email.
  1. For all queries, contact the Search Committee Chair Prof. Narahiko INOUE at: inouen@flc.kyushu-u.ac.jp
  2. Kyushu University employs faculty members in accordance with the principles of the Basic Act for a Gender-Equal Society (1999), the Basic Act for Persons with Disabilities (1970), the Act for Promotion of Employment of Persons with Disabilities (1960), and the Act on the Elimination of Discrimination against Persons with Disabilities (2013). Kyushu University established the System of Employment of Faculty Members with Accompanying Spouse in July 2017.

令和4年10月12日

教員(専任)の公募について

本研究院では、下記の要領により教員(専任)の公募を行います。

1.採用職名:教授(韓国語担当)常勤
2.採用予定人員:
1
3.専門分野:教育方法論、教育工学、言語情報処理、および関連領域

4.職務内容:

(1)
言語文化研究院言語環境学部門言語教育学講座における研究
(2)
基幹教育言語文化科目韓国語および関連科目の担当。週 4 コマ(学府担当の場合)または
5
コマ
(3) (2)
の科目を実施するための企画・運営・調整等に関わる諸業務
(4)
学内の委員会等(入試業務を含む)大学の運営に関わる業務
(5)
関連する学府(大学院)の授業担当および学生指導の可能性がある
5.応募資格:以下のすべての条件を満たしていること

(1)
教育方法論、教育工学、言語情報処理、および関連領域において博士号を有すること
(2)
公刊された単著の書籍、共著の書籍、単著論文、共著論文の合計が 20 本以上あること
(3)
大学における韓国語の教授歴が 15 年以上あること
(4)
基幹教育において韓国語の授業を担当できる語学能力を有すること
(5)
関連する学府(大学院)において授業を担当できる能力を有すること
(6) DX [
デジタルトランスフォーメーション] について専門的知識と技能を有すること
(7)
職務遂行上十分な日本語運用能力を有すること
6.採用予定日:
2023 4 1
7.雇用期間:雇用期限の定めなし(ただし、定年退職の年齢については本学の定めによる)

8.待遇
: 以下に示す通り
(1)
給与:年俸制(令和 2 4 1 日導入)
なお、年俸額については本学の関係規程に基づき学歴・経験・職歴等を考慮して決定されま
す。待遇に関しては以下に問い合わせて下さい。

九州大学人文社会科学系総務課人事係
jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp
(2)
就業時間:専門業務型裁量労働制により 7 時間 45 分働いたものとみなされます。
(3) 休日:土日、祝日、12/291/3

(4)
加入保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
(5)
受動喫煙防止措置の状況:敷地内全面禁煙
9.就業場所:福岡県福岡市西区元岡
744 九州大学伊都キャンパス(イーストゾーン)
10.提出書類:下記書類を全て
PDF 形式にし、JREC-IN の電子申請を使って提出してください。
(1)
履歴書JREC-IN の本公募要領に添付された所定の様式に記入してください。連絡先として、
住所、電話番号、電子メールアドレスを明記すること)

(2)
業績書(JREC-IN の本公募要領に添付された所定の様式に記入してください。著書、論文、
学会発表、その他に分け、年代順に並べる。著書および論文については審査の有無を明記す
ること。また、主要業績3点を丸で囲むこと。

(3)
主要業績 3 点。なおそれぞれについて日本語 200 字から 400 字程度で要旨を添えること。
(4)
教育・研究への抱負(韓国語教育および自身の研究活動に関する抱負を日本語 800 字程度で
記したもの)

(5)
学位記のコピー(最終学位)
11.
提出期限:2022 11 30 日(水)日本時間 17 必着
12.提出先:JREC-IN Portal Web 応募を利用してください。
(1)
提出された書類等は、原則として返却しません。
(2)
提出された書類は選考のみに使用し、その目的以外には使用しません。
13.選考方法:

(1)
提出書類に基づいて選考し、候補者への面接を行う場合があります。
(2)
面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。(オンラインでの面接とな
る可能性もあります。)

(3)
選考の最終結果については、メールにて通知します。
14.
問合せ先:九州大学大学院言語文化研究院教授 田中俊也toshiyat@flc.kyushu-u.ac.jp
15.その他:

九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成
11 年法律 78 号)、障害者基本法(昭和 45 年法
律第
84 号)、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和 35 年法律第 123 号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成 25 年法律第 65 号)」の趣旨に則り、教員の選考を行います。九州大学では、平成 29 7 月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

令和4年10月12日

教員(専任)の公募について

九州大学大学院言語文化研究院では、下記の要領で教員(専任)を公募します。
本研究院では、下記の要領により教員(専任)の公募を行います。


1.採用職名:教授(英語担当)常勤
2.採用予定人員: 1 名
3.専門分野: 東洋思想、比較倫理思想、政治哲学、および関連領域
4.職務内容:
(1) 言語文化研究院国際文化共生学部門国際共生学講座における研究
(2) 基幹教育言語文化科目英語および関連科目の担当。週平均 5 コマ(前期と後期で担当コマ数が異なることもある)
(3) (2)の科目を実施するための企画・運営・調整等に関わる諸業務
(4) 学内の委員会等(入試業務を含む)大学の運営に関わる業務
(5) 関連する学府(大学院)に関する授業担当および学生指導の可能性がある
5.応募資格:以下のすべての条件を満たしていること
(1) 英語の母語話者と同等の英語運用能力を有し、英語で授業を行うことができること
(2) 東洋思想、比較倫理思想、政治哲学、および関連領域において博士号を有すること
(3) 公刊された単著の書籍があり、かつ単著論文が 20 本以上あること
(4) 大学において英語関連科目の教授歴を 15 年以上有すること
(5) 英語アカデミックライティングの教授能力を有すること
(6) 職務遂行上十分な日本語運用能力を有すること
6.採用予定日:2023 年 4 月 1 日
7.雇用期間: 雇用期限の定めなし(ただし、定年退職の年齢については本学の定めによる)
8.待遇: 以下に示す通り
(1) 給与:年俸制(令和 2 年 4 月 1 日導入)
なお、年俸額については本学の関係規程に基づき学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。待遇に関しては以下に問い合わせて下さい。
九州大学人文社会科学系総務課人事係 jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp
(2) 就業時間:専門業務型裁量労働制により 7 時間 45 分働いたものとみなされます。
(3) 休日:土日、祝日、12/29~1/3
(4) 加入保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
(5) 受動喫煙防止措置の状況:敷地内全面禁煙
9.就業場所:福岡県福岡市西区元岡 744 九州大学伊都キャンパス(イーストゾーン)
10.提出書類: 下記書類を全て1つの PDF にまとめて JREC-IN の電子申請を通してご送付ください。
(1) 履歴書(JREC-IN の本公募要領に添付された所定の様式に記入してください。連絡先として、住所、電話番号、電子メールアドレスを明記すること)
(2) 業績書(JREC-IN の本公募要領に添付された所定の様式に記入してください。著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順に並べる。著書および論文については審査の有無を明記すること。また、主要業績3点を丸で囲むこと。
(3) 主要業績 3 点、およびそれぞれについて英語 200 語程度で要旨を添えること
(4) 教育・研究への抱負(英語教育および自身の研究活動に関する抱負を英語 500 語程度で提出すること)
(5) 学位記のコピー(最終学位)
(6) 推薦者2名の照会先電子メールアドレス
11.提出期限: 2022 年 11 月 30 日(水)必着 (日本時間)
12.提出先: JREC-IN Portal の Web 応募を利用してください。https://jrecin.jst.go.jp
(1) 提出された書類等は、原則として返却しません。
(2) 提出された書類は選考のみに使用し、その目的以外には使用しません。
13.選考方法:
(1) 提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う場合もあります。
(2) 面接時に、英語による模擬授業を行っていただく場合があります。
(3) 面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。
(4) 審査の結果は、メールにて通知します。
14.問合せ先: 九州大学大学院言語文化研究院教授 江口 巧(eguchita@flc.kyushu-u.ac.jp)
15.その他:
九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成 11 年法律 78 号)、障害者基本法(昭和 45 年法律第 84 号)、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和 35 年法律第 123 号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成 25 年法律第 65 号)」の趣旨に則り、教員の選考を行います。九州大学では、平成 29 年 7 月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

 

Job Announcement for Professor Position October 11, 2022

The Faculty of Languages and Cultures, Kyushu University is seeking a professor to teach English with the conditions below.
1. Affiliation: The Faculty of Languages and Cultures (FLC), Kyushu University, Fukuoka, Japan.
2. Number of Vacancies: One.
3. Field of Research: oriental thought, comparative philosophy and ethics, political philosophy, or other related areas.
4. Job Description:
(1) Research at the Faculty of Languages and Cultures.
(2) Teach ten primarily undergraduate EFL (English as a Foreign Language) courses per year, or other related subjects.
(3) Organizational and coordinating duties related to (2).
(4) Administrative duties including engagement in university committees and entrance exams.
(5) Potential responsibility for relevant graduate school teaching.
5. Required Qualifications:
(1) Possess native-equivalent ability in English.
(2) PhD in a relevant field.
(3) Distinguished academic achievements including a published book and no less than 20 articles (co-authored ones
excluded).
(4) A minimum of 15 years’ experience teaching English at the university level.
(5) Ability to teach Academic English Writing.
(6) Japanese ability sufficient to carry out administrative duties.
6. Start of Appointment: April 1st, 2023.
7. Term of Employment: Tenured as a professor (until the University’s mandatory retirement age, currently 65 years old).
(1) Salary: An annual salary based on academic background, teaching & work experiences, etc. will be calculated in accordance with the work rules and salary regulations of Kyushu University.
(2) Working hours: KU allows the employee to engage in his/her work while leaving it to his/her discretion to decide the means and the allotment of time for performing the work and regarding them as having worked for the prescribed number of working hours (7 hours and 45 minutes), irrespective of how much time he/she has actually spent on his/her work.
(3) Days off: Every Saturday and Sunday, national holidays, and other days as specified (e.g. New Year’s holiday)
(4) The employee enrolls in the health insurance, pension insurance, mutual retirement pension programs of Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Mutual Society, and employment insurance of Ministry of Health, Labor and Welfare.
(5) Further inquiries into working conditions should be emailed to “Human Resources Section”: jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp
(6) In according with university passive smoking measures, all sites on campus are smoke-free.
8. Location: Kyushu University, 744 Motooka, Nishi-ku, Fukuoka, 819-0395 JAPAN
9. Application documents: The following must be sent in a single PDF form.
(1) A full curriculum vitae. Each job experience item must contain specific information as to whether the position is/was full-time or part-time. Use the attached form provided in the JREC-IN application site.
(2) A list of publications (indicate whether refereed or non-refereed). Use the attached form provided in the JREC-IN application site.
(3) Three major research publications, each accompanied with an approximately 200-word abstract in English (also circle the corresponding items in your list of publications).
(4) Statement of your research and EFL teaching philosophy (approximately 500 words in English).
(5) A photocopy of your degree certificate (final education only).
(6) Names and e-mail addresses of two people who can be contacted for references.
10. Deadline for applications: Applications must arrive no later than Wednesday, November 30, 2022 (Japan Time).
11. Use Web application at JREC-IN (https://jrecin.jst.go.jp) to upload the above materials. Application materials will only be used for selection purposes and they will not be returned to the applicants.
12. Selection Process:
(1) After several stages of reviewing the application materials, shortlisted candidates might be invited for an interview (either in person or online).
(2) Those invited for an interview might be requested to give a trial lesson in English.
(3) No travel expenses for the interview will be borne by Kyushu University.
(4) After the final selection has been made, applicants will be informed of the result via email.
13. For all queries, please contact Professor Takumi EGUCHI (eguchita@flc.kyushu-u.ac.jp).
14. Others:
Kyushu University employs faculty members in accordance with the principles of the Basic Act for a Gender-Equal Society (1999), the Basic Act for Persons with Disabilities (1970), the Act for Promotion of Employment of Persons
with Disabilities (1960), and the Act on the Elimination of Discrimination against Persons with Disabilities (2013).
Kyushu University established the System of Employment of Faculty Members with Accompanying Spouse in July 2017.

令和4年8月1日

教員(専任)の公募について

州大学大学院言語文化研究院では、下記の要領で専任教員を公募します。
1.
採用予定職名:大学院言語文化研究院 言語環境学部門言語教育学講座助教(英語担当)
2.
勤務形態:常勤(任期なし)
3.
採用予定人員:1名
4.
研究分野:英語教育学、コミュニケーション学、議論学、および関連領域
5.
職務内容:
(1)
言語教育学講座における研究
(2)
基幹教育言語文化科目英語(学部共通科目)の担当週 5 コマ程度(年間 10 コマ相当)
(3) (2)
の科目を開講するためのカリキュラム・教材開発などに関わる諸業務
(4)
言語文化研究院が行うディベート教育活動の運営業務(参考 https://flc.kyushu
u.ac.jp/~debate/

(5)
学内の委員会や入学試験等、大学の運営に関わる業務
6.
応募資格:
(1)
関連領域において博士号を有する者、または着任時までに取得見込みの者
(2)
大学において英語関連科目の教授経験(非常勤含む)を有すること
(3)
英語による授業が実施できること
(4)
学術英作文の教授能力を有すること
(5)
ディベート教育活動の運営を担当する意欲と能力を有すること
(6)
国籍は問わないが、業務に支障のない日本語・英語運用能力を有すること
7.
採用予定日:2023 4 1
8.
勤務地福岡県福岡市西区元岡 744 九州大学伊都キャンパス(イーストゾーン)
9.
待遇:
(1)
給与:年俸制(令和 2 4 1 日導入の年俸制)になります。なお、年俸額については本
学の関係規程に基づき学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。

(2)
就業時間:専門業務型裁量労働制により 7 時間 45 分働いたものとみなされます。
(3)
休日:土日、祝日、12/291/3
(4)
加入保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
(5)
受動喫煙に対する措置:敷地内全面禁煙
(6)
待遇に関する問い合わせ先:九州大学人文社会系総務課人事係 jbsjinji@jimu.kyushuu.ac.jp
10.
提出書類(1) (2) は指定の書式を使用すること。
(1)
履歴書
(2)
業績書(著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順に並べる。著書および論文につい
ては審査の有無を明記し、主要業績3点を丸で囲むこと。主要業績には、英語論文を含む
ことが望ましい。)

(3)
主要業績3点
(4)
教育・研究への抱負(教育研究活動(ディベート教育を含む)に関する抱負を英語 500
程度、日本語
1000 字程度で提出すること)
(5)
学位記のコピー(最終学位)(6) 推薦者2名の照会先メールアドレス
*応募書類はすべて
PDF ファイルにて、JRECIN のウェブサイトから応募すること。
*提出された書類は選考のみに使用し、その目的以外には使用しません。

11.
提出期限:2022 9 30 日()必着
12.
提出先:JRECIN Portal Web 応募を利用してください。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D122071620&ln_jor=0

13.
選考方法:
(1)
提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う可能性があります。
(2)
面接では模擬授業をお願いする場合があります。
(3)
面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。オンライン面接も可能で
す。

(4)
面接対象者へは、メールにて通知します。
14.
合せ先:九州大学大学院言語文化研究院 助教(英語)選考委員会世話人
jinji1@flc.kyushuu.ac.jp

15.
の他:
九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成
11 年法律 78 号)、障害者基本法(昭和 45
年法律第
84 号)「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和 35 年法律第 123 号)、及び
「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成
25 年法律第 65)」の趣旨に則
り、教員の選考を行います。また、九州大学では平成
29 7 月より配偶者帯同雇用制度を
導入しています。


Assistant Professor Position (EFL and Argumentation/Debate)
Kyushu University, Faculty of Languages and Cultures August 1, 2022

1. Affiliation: The Faculty of Languages and Cultures (FLC), Kyushu University, Fukuoka, Japan
2. Number of Vacancies: One Position for Assistant Professor (tenured)

3. Field of Research: Teaching English, Communication, Argumentation & Debate, or other related fields

4. Job Description:

(1) Research in the Faculty of Languages and Cultures

(2) Teaching approximately five 90minute EFL (English as a Foreign Language) classes per week per semester primarily to undergraduate students (i.e., equivalent to 10 classes per year.

(3) Curriculum development, and teaching materials development

(4) Duties related to debate education activities (Cf.
https://flc.kyushuu.ac.jp/~debate/)
(5) Maintaining regular office hours, providing editorial assistance, and assisting with other departmental matters, including entrance exams.

5. Required Qualifications:

(1) PhD or an equivalent doctoral degree in a relevant field (The degree should be conferred by the time of appointment.)

(2) Previous experience of teaching English at the university level

(3) Ability to teach in English

(4) Ability to teach Academic Writing

(5) Ability and willingness to manage/supervise debate education activities
(6) Japanese and English proficiency to carry out above duties is required.
6. Start of Appointment: April 1, 2023

7. Terms of Employment:

(1) Annual Salary: Commensurate with age and qualifications, based on the guidelines for the Kyushu University Salaries.

(2) Working hours: Kyushu University allows the employee to engage in his/her work while leaving it to his/her discretion to decide the means and the allotment of time for performing the work and regarding them as having worked for the prescribed number of working hours (7 hours and 45 minutes), irrespective of how much time he/she has actually spent on his/her work.

(3) Days off: Every Saturday and Sunday, national holidays, and other days as specified (e.g. New Year’s holiday)

(4) The employee enrolls in the health insurance, pension insurance, mutual retirement pension programs of Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Mutual Society, and employment insurance of Ministry of Health, Labor and Welfare.

(5) Measures against passive smoking: No smoking on the premises

8. Application materials should be submitted through JRECIn Web Portal.

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D122071620&ln_jor=0

(1) A full curriculum vitae. Each job experience item must contain specific information as to whether the position was fulltime or parttime.

(2) A list of publications (indicate whether refereed or nonrefereed)

(3) Copies of three major research publications (please circle the corresponding items in your list of publications.)

(4) Statement of your aspiration for research and education, including debate education (approx. 500 words in English and 1000 characters in Japanese)

(5) Photocopy of highest degree certificates

(6) Two references (names and email addresses)

9. Deadline for applications: September 30 (Fri.), 2022

10. Selection Process:

(1) After the first stage of reviewing the application materials, shortlisted candidates may be invited for an interview (either in person or online).

(2) You may be asked to give a demo lesson during the interview.

(3) No travel expenses for the interview will be borne by Kyushu University.

(4) After the final selection has been made, applicants will be informed of the result via email.

11. For all queries, please contact the Search Committee Chair:
jinji1@flc.kyushuu.ac.jp
12. Others

Kyushu University employs faculty members in accordance with the principles of the Basic Act for a GenderEqual Society (1999), the Basic Act for Persons with Disabilities (1970), the Act for Promotion of Employment of Persons with Disabilities (1960), and the Act on the Elimination of Discrimination against Persons with Disabilities (2013). Kyushu University established the System of Employment of Faculty Members with Accompanying Spouse in July 2017.

令和4年7月6日

教員(専任)の公募について

九州大学大学院言語文化研究院では、下記の要領で教員(専任)を公募します。
公開開始日:
2022 7 6
1.求人件名:大学院言語文化研究院
助教(ドイツ語担当)
2.採用予定人員:
1
3.研究分野
ドイツ学・文学、ドイツ思想・哲学、ドイツ語教授法、ならびにその関連分野
4.職務内容:

(1)
言語環境学部門言語情報学講座における研究
(2)基幹教育言語文化科目の
ドイツ語および関連科目授業担当
担当コマ数:週
5 コマ程度1 コマ 90 分)
(3)(2)の科目を実施するための運営等に関わる
諸業務
(4)その他、学内及び部局内の諸業務(入試に関する業務を含む)

5.応募資格:

(1)専門研究分野において顕著な業績を有し、前記の教育活動に携わる意欲と能力を有すること

(2
)博士号を有すること2023 3 月までに学位取得見込みを含む)
(3)大学において、
ドイツ語科目担当の経験を有すること
)日本語を母語としない場合、職務遂行上支障のない日本語運用能力を有すること
6.採用予定日:
2023 4 1
7.勤務形態:常勤(任期なし)

8.勤務地:九州大学伊都キャンパス
言語文化研究
8190395 福岡市西区元岡 744
.待遇
(1)待遇
国立大学法人九州大学就業規則・国立大学法人九州大学職員給与規程等の本学の規程によります。給与は年棒制(令和 2 4 1 日導入の年俸制)になります。なお、年俸額は本学の関係規定に基づき、学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。
(2)
勤務時間:専門業務型裁量労働制により 7 時間 45 分働いたものとみなされます。
(3)
休日:土・日曜日、祝日、年末年始(12/291/3
(4)
社会保険等:文部科学省共済組合に加入
(5)
受動喫煙防止措置の状況:敷地内全面禁煙
10
応募書類、応募(提出)方法JRECIN の電子申請を利用し、下記書類をすべて PDF 形式にて送付して下さい。
(1)履歴書(様式は自由。写真
添付。連絡先として、住所、電話番号、電子メールアドレスを明記すること)
(2)業績書(著書、論文、学会発表、その他に分け、年代昇順に並べる。著書及び論文については
査読の有無を明記すること。また、主要業績 3 点の該当番号を丸で囲むこと。科学研究費の採択実績、その他外部資金取得実績、特記すべき社会貢献活動などがある場合は別に列挙すること)
(3)主要業績
3 およびその要旨(それぞれ A4 用紙 1 枚に日本語で作成すること
ただし著書を主要業績に含める場合は、著書に関してのみ現物
およびその要旨.勤務地」にある住所の「〒8190395 福岡市西区元岡 744 九州大学伊都キャンパス 言語文化研究院 福元圭太」宛てに、12.提出期限」までに必着で郵送のこと。提出された書類は原則として返却しませんが、著書を返却希望の場合はその旨お知らせいただき、返送用の「レターパックライト」(厚さ 3 センチ以内)ないし「レターパックプラス」(厚さ 3 センチ以上)に返送先住所を記入の上同封ください。
(4)教育への抱負と今後の研究計画(
A4 用紙 1 枚に日本語で作成すること
(5)最終学歴を証明する書類
(学位記のコピー可)
(6)推薦者
2 名の氏名・所属・照会先電子メールアドレス、電話番号(携帯可)
11
Google Forms への必要事項の記入
上の応募書類の提出後、すみやかに下記リンクより必要事項を記入して下さい。

https://forms.gle/HABZ
yNGPVqNgcvRc8
12
提出期限:日本時間 2022 8 15 日(
13
選考方法:書類選考の後、若干名に対して、追加の書類提出のお願い、模擬授業を含めた面接を行う場合もあります(オンラインを含む)。旅費や滞在費等は応募者の自己負担とします。なお、審査結果については、郵送または JRECIN の電子申請を通して通知します。
14.
問い合わせ先:九州大学言語文化研究院言語環境学部門言語情報学講座助教候補者(ドイツ語)選考専門委員会 世話人 福元圭太fukumoto@flc.kyushuu.ac.jp
15.
備考:提出書類及びそこに含まれる個人情報は、本選考以外の目的には使用しません。提出された書類は原則として返却しません。
.その他:九州大学では、「男女共同参画社会基本法」(平成 11 6 23 日法律第 78 号)「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和 35 年法律第 123 号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成 25 年法律第 65 号)の趣旨に則り、教員の選考を行います。また、九州大学では、平 29 7 月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

令和4年6月6日

教員(専任)の公募について

九州大学大学院言語文化研究院では、下記の要領で教員(専任)を公募します。
公開開始日:20

1.求人件名
:大学院言語文化研究院 助教(中国語担当)
2.採用予定人員
:1名
3.研究分野
中国語学、中国語圏の近現代文学・文化
4.職務内容

(1)
言語環境学部門言語情報学講座における研究
(2)基幹教育言語文化科目の中国語および関連科目
授業担当
担当コマ数:週5コマ
程度(1コマ90分)
(3)(2)の科目を実施するための運営等に関わる諸業務

(4)その他、学内及び部局内の諸
業務(入試に関する業務を含む)
5.応募資格

(1)専門研究分野において顕著な業績を有し、前記の教育活動に携わる意欲と能力を有

すること

(2)博士号を有すること
(202年3月までに学位取得見込みを含む)
(3)大学において、中国語科目担当の経験を有すること

)日本語を母語としない場合、職務遂行上支障のない日本語運用能力を有すること
6.採用予定日
:202 4月 1日
7.勤務形態
:常勤(任期なし)
8.勤務地
:九州大学伊都キャンパス 言語文化研究院
8190395 福岡市西区元岡 744
.待遇
(1)待遇
国立大学法人九州大学就業規則・国立大学法人九州大学職員給与規程等の本
学の規程によります。給与は年棒制(令和
2 4 1 日導入の年俸制)になります。
なお、年俸額は本学の関係規定に基づき、学歴・経験・職歴等を考慮して決定され

ます。

(2)
勤務時間:専門業務型裁量労働制により 7 時間 45 分働いたものとみなされます。
(3)
休日:土・日曜日、祝日、年末年始(12/291/3
(4)
加入保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
(5)
受動喫煙防止措置の状況:敷地内全面禁煙
10応募書類、応募提出方法
JREC
IN の電子申請を利用し、下記書類をすべて PDF 形式にて送付して下さい。
(1)履歴書(様式は自由。写真
添付。連絡先として、住所、電話番号、電子メールアド
レスを明記すること)

(2)業績書(著書、論文、学会発表、その他に分け、年代昇順に並べる。著書及び論文

については
査読の有無を明記すること。また、主要業績3点の該当番号を丸で囲む
こと。科学研究費の採択実績、その他外部資金取得実績、特記すべき社会貢献活動

などがある場合は別に列挙すること)

(3)主要業績3点
およびその要旨(それぞれ A4 用紙1枚に日本語で作成すること
(4)教育への抱負と今後の研究計画(
A4 用紙1枚に日本語で作成すること
(5)最終学歴を証明する書類
(学位記のコピー可)
(6)推薦者2名の氏名・所属・照会先電子メールアドレス
、電話番号(携帯可)
11
Google Forms への記入
上の応
募書類の提出後、すみやかに下記リンクより必要事項を記入して下さい。
https://forms.gle/LBvHRnf3pRfuvVw8A

12
提出期限日本時間 2022 7 31 日(23:59 必着
13
選考方法
書類選考の後、若干名に対して、追加の書類提出のお願い、模擬授業を含めた面接を行

う場合もあります
(オンラインを含む)。旅費や滞在費等は応募者の自己負担とします。
なお、審査結果については、
郵送または JRECIN の電子申請を通して通知します。
14.
問い合わせ先
九州大学言語文化研
究院言語環境学部門言語情報学講座助教候補者(中国語)選考専門
委員会

jinji_1@flc.kyushuu.ac.jp
15.
備考
提出書類及びそこに含まれる個人情報は、本選考以外の目的には使用しません。提出さ

れた書類は原則として返却しません。

.その他
九州大学では、「男女共同参画社会基本法」(平成
11 年6月 23 日法律第 78 号)「障害者
の雇用の促進等に関する法律」(昭和
35 年法律第 123 号)、及び「障害を理由とする差別
の解消の推進に関する法律」(平成
25 年法律第 65 号)の趣旨に則り、教員の選考を行い
ます。また、九州大学では、平成
29 7 月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

令和3年12月6日

教員(専任)の公募について

九州大学大学院言語文化研究院では、下記の要領で教員(専任)を公募します。

1.求人件名:大学院言語文化研究院  准教授(中国語担当)

2.採用予定人員:1名

3.研究分野: 中国語を主たる対象とする認知・機能主義的言語学研究、特に文法化、言語類型論の研究分野において優れた業績を有すること

4.職務内容:

(1)言語文化研究院言語環境学部門言語教育学講座における研究

(2)基幹教育言語文化科目の中国語および関連科目の授業担当担当コマ数:週5コマ程度(1コマ90分)

(3)(2)の科目を実施するための運営等に関わる諸業務

(4)その他、学内及び部局内の諸業務(入試に関する業務を含む)

5.応募資格:

(1)専門研究分野において顕著な業績を有し、前記の教育活動に携わる意欲と能力を有すること

(2)博士号を有すること

(3)大学において、中国語科目担当の経験を有すること

(4)日本語を母語としない場合、職務遂行上支障のない日本語運用能力を有すること

6.採用予定日:2022年 4月   1日

7.勤務形態:常勤(任期なし)

8.勤務地:九州大学伊都キャンパス  言語文化研究院

〒819-0395  福岡市西区元岡 744

9.待遇

(1)待遇:国立大学法人九州大学就業規則・国立大学法人九州大学職員給与規程等の本学の規程によります。給与は年棒制(令和 2 年 4 月 1 日導入の年俸制)になります。なお、年俸額は本学の関係規定に基づき、学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。

(2)勤務時間:専門業務型裁量労働制により 7 時間 45 分働いたものとみなされます。

(3)休日:土・日曜日、祝日、年末年始(12/29~1/3)

(4)社会保険等:文部科学省共済組合に加入

(5)受動喫煙防止措置の状況:敷地内全面禁煙

10.応募書類、応募(提出)方法

JREC-IN の電子申請を利用し、下記書類をすべて PDF 形式にて送付して下さい。

(1)履歴書(様式は自由。写真不要。連絡先として、住所、電話番号、電子メールアドレスを明記すること)

(2)業績書(著書、論文、学会発表、その他に分け、年代昇順に並べる。著書及び論文については査読の有無を明記すること。また、主要業績3点の該当番号を丸で囲むこと。科学研究費の採択実績、その他外部資金取得実績、特記すべき社会貢献活動などがある場合は別に列挙すること)

(3)主要業績3点、およびその要旨(それぞれ A4 用紙1枚に日本語で作成すること)

(4)最終学歴を証明する書類(学位記のコピー可)

11. Google Forms への必要事項の記入

上の応募書類の提出後、すみやかに下記リンクより必要事項を記入して下さい。

https://forms.gle/DrHffVvwdZBvRrPE6

12.提出期限:日本時間2022年  1月16日(日)23:59 必着

13.選考方法:書類選考の後、若干名に対して、追加の書類提出のお願い、模擬授業を含めた面接を行う場合もあります(オンラインを含む)。旅費や滞在費等は応募者の自己負担とします。なお、審査結果については、JREC-IN の電子システムを通して通知します。

14.問い合わせ先:九州大学人文社会科学系事務部総務課人事係(jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp

15.備考:提出書類及びそこに含まれる個人情報は、本選考以外の目的には使用しません。提出された書類は原則として返却しません。

16.その他:九州大学では、「男女共同参画社会基本法」(平成 11 年6月 23 日法律第 78 号)、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和 35 年法律第 123 号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成 25 年法律第 65 号)の趣旨に則り、教員の選考を行います。また、九州大学では、平成 29 年 7 月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

令和3年11月19日

教員(専任)の公募について

九州大学大学院言語文化研究院では、下記の要領により教員(専任)の公募を行います。

1.採用職名:准教授 (大学院言語文化研究院 言語環境学部門 言語情報学講座所属)

2.勤務形態:常勤(任期なし)

3.募集人員:1名

4.専門分野: 理論言語学に基づく現代英語の統語研究

5.採用予定日:令和4年 4月 1日(木)

6.勤務地:福岡県福岡市西区元岡744 九州大学伊都キャンパス(イーストゾーン)

7.職務内容:

(1)言語環境学部門言語情報学講座における研究。

(2)基幹教育言語文化科目英語および関連科目の担当 週 5コマ程度。

(3)(2)の科目を実施するための企画・運営・調整等に関わる諸業務。

(4)学内の委員会等(入試関連業務を含む)大学の運営にかかわる業務。

8.応募資格:

(1)理論言語学に基づく現代英語の統語研究を専門とし、その分野において博士号を有すること。

(2)高度な英語運用能力を持ち、英語で授業ができること。

(3)大学において英語科目の担当経験があること。

(4)国籍は問わないが、母語話者と同水準の日本語運用能力を有すること。

9.待遇

(1)給与:年俸制(令和2年4月1日導入の年俸制)

なお、年俸額については経験等に基づき本学の関係規定により決定します。

待遇に関しては以下に問い合わせて下さい。

九州大学人文社会科学系総務課人事係 jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp

勤務時間:専門業務型裁量労働制により7時間45分働いたものとみなされます。

休日:土・日曜日、祝日、年末年始(12/29 ~1/3)

社会保険等:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金

10.提出書類等詳細:

(1)履歴書(添付の様式を使用のこと)

所属学会およびその役職を含む。連絡先として、住所、電話、電子メール、照会先(推薦者2名の氏名および連絡先)を明記のこと。

(2)学位記の写し(最終学歴のみ)

(3)研究教育業績書(添付の様式を使用のこと)

「研究業績」については、著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順(降順)に並べること。著書については単著・共著の区別、および論文については単著・共著の区別のほかに、審査の有無を明記する。科学研究費の採択実績、その他外部資金取得実績、特記すべき社会貢献活動などがある場合は別に列挙すること。「教育業績」については、教材作成・カリキュラム開発・運営等の業績があれば記述すること。

(4)主要業績3点

主要な業績3点(少なくとも1件は英語による論文を含むこと。抜き刷り、コピー可。)

主要業績については、業績書の該当番号を○で囲み、各主要業績について、それぞれ500字以内の日本語の要旨を添えること。

(5)研究・教育への抱負

自身の研究活動および大学における英語教育に関する抱負を(A)英語1000語程度、および(B)日本語1500字程度にまとめたもの。(必ず英語、日本語の両方を提出すること)。

11.応募方法

JREC-IN PortalのWeb応募を利用してください。

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D121111434&ln_jor=0

12.提出期限:令和3年 12月 17日(金)日本時間 17:00(必着)

13.選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法

(1)提出書類に基づいて選考し、候補者への模擬授業を伴う面接を行う場合があります(オンライン面接可)。

(2)面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。

(3)選考結果は電子メールで本人にお知らせします。

[問い合わせ先] toshiyat@flc.kyushu-u.ac.jp 田中俊也 教授(選考専門委員会世話人)

 

備考

九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律78号)、障害者基本法(昭和45年法律第84号)、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)」の趣旨に則り、教員の選考を行います。九州大学では、平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

大学院言語文化研究院 CALL助教(英語e-learning科目担当)の募集

令和3年7月6日

九州大学大学院言語文化研究院 助教(英語e-learning科目担当)の公募

九州大学言語文化研究院では、下記の要領で専任教員を公募します。

1.採用予定職名: 大学院言語文化研究院 助教(英語担当)

2.採用予定人員: 1名

3.研究分野: 英語教育関連分野

4.職務内容:

(1)言語環境学部門言語情報学講座における研究

(2)基幹教育言語文化科目英語関連科目(CALL)の学習管理および学習履歴を含むデータ分析等。なお、CALL以外の基幹教育言語文化科目等を担当する可能性がある。

(3)(2)の科目を実施するための企画・運営・調整等に関わる諸業務

(4)学内の委員会等大学の運営にかかわる業務

(5)大学の入学試験にかかわる業務

5.勤務形態:

常勤(任期あり)

・当初の雇用期間は3年とする。

・審査の上任期を更新することがありうる。ただし更新する場合も、雇用期間は通算して10年を超えないものとする。

6.応募資格:

(1)関連領域において博士の学位(見込含む)あるいはこれと同等の学歴および研究業績を有すること。

(2)CALLを含むe-learning科目またはデータ処理に関する経験と知識を有すること。

(3)大学における英語関連科目の教授経験(非常勤を含む)を有すること。

(4)学術英作文の教授能力を有すること。

(5)国籍は問わないが、業務を遂行するのに十分な日本語運用能力を有すること。

7.採用予定日:2021年10月1日以降のなるべく早い時期

8. 勤務地   福岡県福岡市西区元岡744 九州大学伊都キャンパス(イーストゾーン)

9.待遇:

(1)身分…教員(年俸制)

(2)給与…「国立大学法人九州大学教員(年俸制)給与規程」に基づき支給。年俸額については本学の関係規程に基づき学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。待遇に関しては以下に問い合わせて下さい。
九州大学人文社会科学系総務課人事係 jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp

(3)保険等…雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金

(4)勤務時間…専門業務型裁量労働制により、7時間45分働いたものと見なされます。

(5)休日:土曜日および日曜日、国民の祝日、12月29日から翌年の1月3日までの日

10.提出書類:

(1)履歴書(JREC-INの本公募要領に添付された所定の様式に記入して下さい。連絡先として、住所、電話番号、電子メールアドレスを明記すること。)

(2)業績書(JREC-INの本公募要領に添付された所定の様式に記入して下さい。「研究業績」については、著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順に並べる。単著・共著および論文については審査の有無を明記する。科学研究費の採択実績、その他外部資金取得実績、特筆すべき社会貢献活動などがある場合は別に列挙すること。)

(3)主要業績2点(主要業績は単著の著書または論文であること。また、業績書の該当箇所を丸で囲む。)

(4)英語教育やCALL科目の管理・データ分析に関する経験および抱負について、①英語800語以内および ②日本語1200字以内(A4形式)

(5)学位記のコピー(最終学位のみ)

(6)推薦者2名の氏名、所属および照会先電子メールアドレス、電話番号

11.提出期限: 日本時間2021 年7月31日(土)必着

12.提出先: JREC-INのウェブ応募を利用して提出して下さい。https://jrecin.jst.go.jp

応募書類はすべて1つのPDFファイルにまとめて下さい。

13.選考方法:

(1)提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う場合もあります。面接においては、CALL業務に必要な技能・知識についてデモ・プレゼン等を行ってもらう場合があります。

(2)面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします(オンライン面接可)。

(3)審査の最終結果は採否にかかわらず応募者全員にメールにて通知します。

(4)提出された書類等は、原則として返却しません。また、提出された書類は本選考のみに使用し、その目的以外には使用しません。

14.問合せ先: 九州大学大学院言語文化研究院

江口巧(eguchita[at]flc.kyushu-u.ac.jp、[at]を@に置き換えて送信してください。)

15.その他:  九州大学では、「男女共同参画社会基本法」(平成11年法律第78号)、「障害者基本法」(昭45年法律第84号)、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、および「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成25年法律第65号)の精神に則り、教員の採用を行っています。また、九州大学では、平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

July 6, 2021

Job Announcement for Assistant Professor Position      

The Faculty of Languages and Cultures, Kyushu University is seeking an assistant professor to teach English with the conditions below.

  1. Affiliation: The Faculty of Languages and Cultures (FLC), Kyushu University, Fukuoka, Japan.
  2. Number of Vacancies: One.
  3. Field of Research: TESOL or other related areas.
  4. Job Description:
  • Research at the Faculty of Languages and Cultures.
  • Teaching English CALL courses including management and data analysis of students’ online learning, with a possible additional teaching of other EFL courses.
  • Curriculum development and teaching materials development.
  • Maintaining regular office hours and assisting with other departmental matters, including entrance exams.
  1. Term of Employment: 3 years with a possible extension to a maximum of 10 years’ employment after performance review at the time of contract expirations
  2. Required Qualifications:
  • PhD or an equivalent doctoral degree. The degree must be conferred by the time of appointment.
  • Expertise in e-learning (including CALL) or data analysis
  • Previous experience of teaching English at university level.
  • Ability to teach Academic Writing.
  • Overall Japanese ability of the level sufficient to carry out the above-mentioned duties.
  1. Start of Appointment: October 1st, 2021 or an earliest possible day thereafter
  2. Location: Kyushu University, 744 Motooka, Nishi-ku, Fukuoka, 819-0395 JAPAN
  3. Salary: An annual salary based on academic background, teaching & work experiences, etc. will be calculated in accordance with the work rules and salary regulations of Kyushu University.

Further inquiries into working conditions should be emailed to “Human Resources Section”: jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp

  1. Application documents: The following must be sent in a single PDF form.
  • A full curriculum vitae. Each job experience item must contain specific information as to whether the position was full-time or part-time. Use the attached form provided in the JREC-IN application site.
  • A list of publications (indicate whether refereed or non-refereed). Use the attached form provided in the JREC-IN application site.
  • Two major research publications (only single-authored publications will be considered; please circle the corresponding items in your list of publications).
  • Statement of EFL teaching philosophy and past experience of CALL management or data analysis (approx. 800 words in English AND 1,200 words in Japanese in A4 format).
  • A photocopy of your degree certificate (final graduation certificate only).
  • Names, e-mail addresses, and telephone numbers of two people who can be contacted for references.
  1. Deadline for applications: Applications must arrive no later than Friday, July 31, 2021 (Japan Time).
  2. Use Web application at JREC-IN (https://jrecin.jst.go.jp) to upload the above materials. Application materials will only be used for selection purposes and they will not be returned to the applicants.
  3. Selection Process:

(1)  After the first stage of reviewing the application materials, shortlisted candidates might be invited for an interview (either in person or online). Applicants might be asked to demonstrate their CALL-related skills or expertise at the interview.

(2)  No travel expenses for the interview will be borne by Kyushu University.

  • After the final selection has been made, applicants will be informed of the result via email.
  1. For all queries, please contact Professor Takumi EGUCHI (eguchita@flc.kyushu-u.ac.jp).
  2. Others:
    Kyushu University employs faculty members in accordance with the principles of the Basic Act for a Gender-Equal Society (1999), the Basic Act for Persons with Disabilities (1970), the Act for Promotion of Employment of Persons with Disabilities (1960), and the Act on the Elimination of Discrimination against Persons with Disabilities (2013). Kyushu University established the System of Employment of Faculty Members with Accompanying Spouse in July 2017.

令和3年7月2日

九州大学大学院言語文化研究院 助教(英語担当)の公募

九州大学大学院言語文化研究院では、下記の要領で専任教員を公募します。

1.採用予定職名: 大学院言語文化研究院 国際文化共生学部門国際共生学講座 助教(英語担当)

2.勤務形態:常勤(任期なし)

3.採用予定人員:1名

4.研究分野: 英語圏文化・文学、および関連領域

5.職務内容:(1)国際文化共生学部門における研究

(2)基幹教育言語文化科目英語(学部共通科目)の担当週5コマ

(3)(2)の科目を実施するためのカリキュラム・教材開発などに関わる諸業務

(4)学内の委員会や入学試験等、大学の運営に関わる諸業務

6.応募資格:(1)関連領域において博士号を有する者、または着任時までに取得見込みの者

(2)大学において英語関連科目の教授経験(非常勤含む)を有すること

(3)英語による授業が実施できること

(4)学術英作文の教授能力を有すること

(5)国籍は問わないが、業務に支障のない日本語運用能力を有すること

7.採用予定日:2022年4月1日

8. 勤務地   福岡県福岡市西区元岡744 九州大学伊都キャンパス(イーストゾーン)

9.待遇:  (1)給与:年俸制(令和2年4月1日導入の年俸制)になります。なお、年俸額については本学の関係規程に基づき学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。

(2)就業時間:専門業務型裁量労働制により7時間45分働いたものとみなされます。

(3)休日:土日、祝日、12/29~1/3

(4)加入保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金

(5)待遇に関する問い合わせ先:九州大学人文社会系総務課人事係jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp

10. 提出書類  (1)(2)は指定の書式を使用すること。

(1)履歴書

(2)業績書(著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順に並べる。著書および論文については        審査の有無を明記し、主要業績3点を丸で囲むこと。主要業績には、英語論文を含むことが望ましい。)

(3)主要業績3点

(4)教育・研究への抱負(英語教育および自身の研究活動に関する抱負を英語500語程度、日本語1000字程度で提出すること)

(5)学位記のコピー(最終学位)

(6)推薦者2名の照会先メールアドレス

*応募書類はすべてPDFファイルにて、JREC-INのウェブサイトから応募すること。

*提出された書類は選考のみに使用し、その目的以外には使用しません。

11.提出期限: 2021年 8月 14日(土)必着

12.提出先:  JREC-IN Portal の Web 応募を利用してください。https://jrecin.jst.go.jp

13.選考方法:

(1)提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う場合もあります。

(2)面接では模擬授業をお願いする場合があります。

(3)面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。オンライン面接も可能です。

(4)審査の結果は、メールにて通知します。

14.問合せ先: 九州大学大学院言語文化研究院 助教(英語)選考委員会 genbunjinji1@flc.kyushu-u.ac.jp

15.その他: 九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律78号)、障害者基本法(昭

和45年法律第84号)「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、                     及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)」の趣旨に則り、教員の選考を行います。また、九州大学では平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

 

                                                                                          July 2, 2021

Job Announcement for Assistant Professor Position

  1. Affiliation: The Faculty of Languages and Cultures (FLC), Kyushu University, Fukuoka, Japan
  2. Number of Vacancies: One Position for Assistant Professor (tenured)
  3. Field of Research: British and American literature, cultural studies, or other related areas
  4. Job Description:

1) Research in the Faculty of Languages and Cultures

2) Teaching five 90-minute EFL (English as a Foreign Language) classes per week per semester primarily to undergraduate students

3) Curriculum development, and teaching materials development

4) Maintaining regular office hours, providing editorial assistance, and assisting with other departmental matters, including entrance exams.

  1. Required Qualifications:

1) PhD or an equivalent doctoral degree in a relevant field (The degree should be conferred by the time of appointment.)

2) Previous experience of teaching English at the university level

3) Ability to teach in English

4) Ability to teach Academic Writing

5) Japanese ability to carry out above duties is required.

  1. Start of Appointment: April 1, 2022
  2. Terms of Employment:

1) Annual Salary: Commensurate with age and qualifications, based on the guidelines for the Kyushu University Salaries.

2)Working hours: KU allows the employee to engage in his/her work while leaving it to his/her discretion to decide the means and the allotment of time for performing the work and regarding them as having worked for the prescribed number of working hours (7 hours and 45 minutes), irrespective of how much time he/she has actually spent on his/her work.

3) Days off: Every Saturday and Sunday, national holidays, and other days as specified (e.g. New Year’s holiday)

4) The employee enrolls in the health insurance, pension insurance, mutual retirement pension programs of Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Mutual Society, and employment insurance of Ministry of Health, Labor and Welfare.

  1. Application materials should be submitted through JREC-In Web Portal. https://jrecin.jst.go.jp

1) A full curriculum vitae. Each job experience item must contain specific information as to whether the position was full-time or part-time.

2) A list of publications (indicate whether refereed or non-refereed)

3) Copies of three major research publications (please circle the corresponding items in your list of publications.)

4) Statement of your research and EFL teaching philosophy (approx. 500 words in English and 1000characters in Japanese)

5) Copies of degree certificates (only your final education)

6) Two references (names and e-mail addresses)

  1. Deadline for applications: August 14, 2021
  2. Selection Process:

1) After the first stage of reviewing the application materials, shortlisted candidates may be invited for an interview (either in person or online).

2) You may be asked to give a mock lesson during the interview.

3) No travel expenses for the interview will be borne by Kyushu University.

4) After the final selection has been made, applicants will be informed of the result via email.

  1. For all queries, please contact at: genbunjinji1@flc.kyushu-u.ac.jp
  2. Kyushu University employs faculty members in accordance with the principles of the Basic Act for a Gender-Equal Society (1999), the Basic Act for Persons with Disabilities (1970), the Act for Promotion of Employment of Persons with Disabilities (1960), and the Act on the Elimination of Discrimination against Persons with Disabilities (2013).  Kyushu University established the System of Employment of Faculty Members with Accompanying Spouse in July 2017.

                                                                                                                                                          令和3年5月8日

九州大学大学院言語文化研究院 助教(中国語担当)の公募

九州大学大学院言語文化研究院では、下記の要領で教員(専任)を公募します。

 

1.求人件名:大学院言語文化研究院 助教(中国語担当)

2.採用予定人員:1名

3.研究分野:中国語学(とくに音韻、方言などの分野)、中国語教育学、中国語圏の地域研究(とくに近現代の社会、文化)

4.職務内容:

(1)言語文化研究院国際文化共生学部門国際共生学講座における研究

(2)基幹教育言語文化科目の中国語および関連科目の授業担当

担当コマ数:週5コマ程度(1コマ90分)

(3)(2)の科目を実施するための運営等に関わる諸業務

(4)その他、学内及び部局内の諸業務(入試に関する業務を含む)

5.応募資格:

(1)専門研究分野において顕著な業績を有し、前記の教育活動に携わる意欲と能力を有すること

(2)博士号を有すること(2022年3月までに学位取得見込みを含む)

(3)大学において、中国語科目担当の経験を有すること

(4)日本語を母語としない場合、職務遂行上支障のない日本語運用能力を有すること

6.採用予定日:2022年 4月 1日

7.勤務形態:常勤(任期なし)

8.勤務地:九州大学伊都キャンパス 言語文化研究院

〒819-0395 福岡市西区元岡744

9.待遇

(1)待遇:国立大学法人九州大学就業規則・国立大学法人九州大学職員給与規程等の本学の規程によります。給与は年棒制(令和2年4月1日導入の年俸制)になります。なお、年俸額は本学の関係規定に基づき、学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。

(2)勤務時間:専門業務型裁量労働制により7時間45分働いたものとみなされます。

(3)休日:土・日曜日、祝日、年末年始(12/29~1/3)

(4)社会保険等:文部科学省共済組合に加入

(5)受動喫煙防止措置の状況:敷地内全面禁煙

10.応募書類、応募(提出)方法:JREC-INの電子申請を利用し、下記書類をすべてPDF形式にて送付して下さい。

(1)履歴書(様式は自由。写真不要。連絡先として、住所、電話番号、電子メールアドレスを明記すること)

(2)業績書(著書、論文、学会発表、その他に分け、年代昇順に並べる。著書及び論文については査読の有無を明記すること。また、主要業績3点の該当番号を丸で囲むこと。科学研究費の採択実績、その他外部資金取得実績、特記すべき社会貢献活動などがある場合は別に列挙すること)

(3)主要業績3点、およびその要旨(それぞれA4用紙1枚に日本語で作成すること)

(4)教育への抱負と今後の研究計画(A4用紙1枚に日本語で作成すること)

(5)最終学歴を証明する書類(学位記のコピー可)

(6)推薦者2名の氏名・所属・照会先電子メールアドレス、電話番号(携帯可)

10-2.応募書類の追加(2021年5月21日追加):以下のGoogle Formsに必要事項を記入してください。https://forms.gle/BHnCH5321feRHjCt7
本事項は、応募者リスト作成のためだけに用います。選考は、提出された資料に基づき厳正に行います。

11.提出期限:日本時間2021年6月30日(水)23:59必着

12.選考方法:書類選考の後、若干名に対して、追加の書類提出のお願い、模擬授業を含めた面接を行う場合もあります(オンラインを含む)。旅費や滞在費等は応募者の自己負担とします。なお、審査結果については、JREC-INの電子申請を通して通知します。

13.問い合わせ先:九州大学人文社会科学系事務部総務課人事係(jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp)

14.備考:提出書類及びそこに含まれる個人情報は、本選考以外の目的には使用しません。提出された書類は原則として返却しません。

15.その他:九州大学では、「男女共同参画社会基本法」(平成11年6月23日法律第78号)、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成25年法律第65号)の趣旨に則り、教員の選考を行います。また、九州大学では、平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

                                                                                                                                                                 令和3年2月10日

九州大学大学院言語文化研究院 助教(英語担当)の公募

九州大学言語文化研究院では、下記の要領で専任教員を公募します。

1.採用予定職名: 大学院言語文化研究院 国際文化共生学部門国際共生学講座 助教(英語担当)

2.勤務形態:常勤(任期なし)

3.採用予定人員: 1名

4.研究分野: 英語圏文化・文学、および関連領域

5.職務内容:(1)国際文化共生学部門における研究
(2)基幹教育言語文化科目英語および関連科目の担当平均週5コマ
(3)(2)の科目を実施するためのカリキュラム・教材開発・入試に関わる諸業務
(4)学内の委員会等大学の運営にかかわる業務

6.応募資格:(1)関連領域において博士号を有する者、またはこれに準ずる業績を有する者
(2)大学において英語関連科目の教授経験(非常勤含む)を有すること
(3)学術英作文の教授能力を有すること
(4)国籍は問わないが、業務に支障のない日本語運用能力を有すること。

7.採用予定日:2021年10月1日

8. 勤務地   福岡県福岡市西区元岡744 九州大学伊都キャンパス(イーストゾーン)

9.待遇:(1)給与:年俸制(令和2年4月1日導入の年俸制)になります。なお、年俸額については本学の関係規程に基づき学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。
(2)就業時間:専門業務型裁量労働制により7時間45分働いたものとみなされます。
(3)休日:土日、祝日、12/29~1/3
(4)加入保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
(5)待遇に関する問い合わせ先:九州大学人文社会系総務課人事係jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp

10. 提出書類  応募書類はすべて書式自由。                                                                                                                        (1)履歴書(連絡先として、住所、電話番号、電子メールアドレスを明記すこと)                                                                   (2)業績書(著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順に並べる。著書および論文ついては審査の有無を明記し、主要業績2点を丸で囲んでください)                                                                                                                                                       (3)主要業績2点(主要業績は単著の論文または著書であること)                                   (4)教育・研究への抱負(英語教育および自身の研究活動に関する抱負を英語500語程度で提出すること)                                       (5)学位記のコピー(最終学位)                                                                                (6)推薦者2名の照会先電子メールアドレス
*応募書類はすべてPDFファイルに出力し、JREC-INのウェブ応募とすること。
*提出された書類は選考のみに使用し、その目的以外には使用しません。

11.提出期限: 2021 年3月31日(水)必着

12.提出先:  JREC-IN Portal の Web 応募を利用してください。https://jrecin.jst.go.jp

13.選考方法:(1)提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う場合もあります。
(2)面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。(オンライン面接可)
(3)審査の結果は、メールにて通知します。

14.問合せ先: 九州大学大学院言語文化研究院 高橋勤(tsutomu@flc.kyushu-u.ac.jp)

15.その他:  九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律78号)、障害者基本法(昭和45年法律第84号)「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)」の趣旨に則り、教員の選考を行います。また、九州大学では平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

Job Announcement for Assistant Professor Position

10 February 2021

1. Affiliation: The Faculty of Languages and Cultures (FLC), Kyushu University, Fukuoka, Japan
2. Number of Vacancies: One Position for Assistant Professor (tenured)
3. Field of Research: British and American literature, cultural studies, or other related areas
4. Job Description:
1) Research in the Faculty of Languages and Cultures
2) Teaching the average load of five 90-minute EFL (English as a Foreign Language) classes per week per semester primarily to undergraduate students
3) Curriculum development, and teaching materials development
4) Maintaining regular office hours, providing editorial assistance, and assisting with other departmental matters, including entrance exams.                                                                                                                                                                                 5. Required Qualifications:
1) PhD or equivalent research record in a relevant field (ABD candidates are also eligible.)
2) Previous experience of teaching English at the university level
3) Ability to teach Academic Writing
4) Japanese ability is an advantage; however, it is not a requirement.
6. Start of Appointment: 1st October 2021
7. Location: Kyushu University, 744 Motooka, Nishi-ku, Fukuoka, 819-0395 JAPAN
8. Terms of Employment:
1) Annual Salary: Commensurate with age and qualifications, based on the guidelines for the Kyushu University Salaries.
2)Working hours: KU allows the employee to engage in his/her work while leaving it to his/her discretion to decide the means and the allotment of time for performing the work and regarding them as having worked for the prescribed number of working hours (7 hours and 45 minutes), irrespective of how much time he/she has actually spent on his/her work.
3) Days off: Every Saturday and Sunday, national holidays, and other days as specified (e.g. New Year’s holiday)
4) The employee enrolls in the health insurance, pension insurance, mutual retirement pension programs of Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Mutual Society, and employment insurance of Ministry of Health, Labor and Welfare.
9. Application materials should be submitted through JREC-In Web Portal. https://jrecin.jst.go.jp
1) A full curriculum vitae. Each job experience item must contain specific information as to whether the position was full-time or part-time.
2) A list of publications (indicate whether refereed or non-refereed)
3) Copies of two research publications (The samples should be ones not co-authored; please circle the corresponding items in your list of publications.)
4) Statement of your research and EFL teaching philosophy (approx. 500 words in English)
5) Copies of degree certificates (only your final education)
6) Two references (names and e-mail addresses)
10. Deadline for applications: March 31 2021
11. Selection Process:
1) After the first stage of reviewing the application materials, shortlisted candidates might be invited for an interview (either in person or online).
2) No travel expenses for the interview will be borne by Kyushu University.
3) After the final selection has been made, applicants will be informed of the result via email.
12. For all queries, please contact Professor Tsutomu Takahashi at: tsutomu@flc.kyushu-u.ac.jp
13. Kyushu University employs faculty members in accordance with the principles of the Basic Act for a Gender-Equal Society (1999), the Basic Act for Persons with Disabilities (1970), the Act for Promotion of Employment of Persons with Disabilities (1960), and the Act on the Elimination of Discrimination against Persons with Disabilities (2013). Kyushu University established the System of Employment of Faculty Members with Accompanying Spouse in July 2017.

九州大学大学院言語文化研究院 助教(言語環境学部門言語情報学講座 英語担当)の公募

九州大学言語文化研究院では、下記の要領で専任教員を公募します。

1.採用予定職名: 大学院言語文化研究院 助教(英語担当)(常勤、任期なし)

2.採用予定人員: 1名

3.研究分野: 英語学、応用言語学、および関連領域

4.職務内容:(1)言語環境学部門言語情報学講座における研究
(2)基幹教育言語文化科目英語および関連科目の担当週5コマ程度
(3)(2)の科目を実施するためのカリキュラム・教材開発・入試に関わる諸業務
(4)学内の委員会等大学の運営にかかわる業務

5.応募資格:(1)関連領域において博士号を有する者、またはこれに準ずる業績を有する者
(2)大学において英語関連科目の教授経験(非常勤含む)を有すること
(3)学術英作文の教授能力を有すること
(4)国籍は問わないが、業務に支障のない日本語運用能力を有すること。

6.採用予定日:2021年10月1日(またはそれ以降のできるだけ早い時期)

7.勤務地: 〒819-0395 福岡市西区元岡744番地

8.待遇: (1)給与は令和2年4月1日導入の年俸制、定年までの勤務となります。なお、年俸額については本学の関係規程に基づき学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。
(2)就業時間:専門業務型裁量労働制により7時間45分働いたものとみなされます。
(3)休日:土日、祝日、12/29~1/3
(4)加入保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
(5)待遇に関する問い合わせ先:九州大学人文社会系総務課人事係jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp

9. 提出書類  応募書類はすべてPDFファイルに出力し、JREC-INのウェブ応募とすること。
(1)履歴書(連絡先として、住所、電話番号、電子メールアドレスを明記すこと)
(2)業績書(著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順に並べる。著書および論文ついては                    審査の有無を明記し、主要業績3点を丸で囲んでください)
(3)主要業績3点
(4)教育・研究への抱負(英語教育および自身の研究活動に関する抱負を英語500語程度で提出すること)
(5)学位記のコピー(最終学位)
(6)推薦者2名の照会先電子メールアドレス
*提出された書類は選考のみに使用し、その目的以外には使用しません。

10.提出期限: 2021年3月31日(水)日本時間17時00分必着

11.提出先:  JREC-IN Portal の Web 応募を利用してください。

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D121021437&ln_jor=0

12.選考方法: (1)提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う場合もあります。(対面あるいはZoomによる面接となります。)
(2)面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。
(3)審査の結果は、メールにて通知します。

13.問合せ先: 九州大学大学院言語文化研究院教授 田中俊也(toshiyat@flc.kyushu-u.ac.jp)

14.その他: 九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律78号)、障害者基本法(昭和45年法律第84号)「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)」の趣旨に則り、教員の選考を行います。また、九州大学では平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

教員(専任)の公募について

令和2年11月 18 日

九州大学大学院言語文化研究院では、下記の要領により教員(専任)の公募を行います。

 

1.採用職名:准教授 (大学院言語文化研究院 国際文化共生学部門 国際文化学講座所属)

2.勤務形態:常勤(任期なし)

3.募集人員:1名

4.専門分野:認知言語学、コーパス言語学およびその関連分野

5.採用予定日:令和3年 4月 1日(木)

6.勤務地:福岡県福岡市西区元岡744 九州大学伊都キャンパス(イーストゾーン)

7.職務内容:

(1)国際文化共生学部門国際文化学講座における研究。

(2)基幹教育言語文化科目英語および関連科目の担当 週 5コマ程度。

(3)(2)の科目を実施するための企画・運営・調整等に関わる諸業務。

(4)学内の委員会等(入試関連業務を含む)大学の運営にかかわる業務。

8.応募資格:

(1)認知言語学、コーパス言語学またはその関連分野において博士号を有すること。

(2)高度な英語運用能力を持ち、英語で授業ができること。

(3)大学において英語科目の担当経験があること。

(4)国籍は問わないが、授業および学務に支障のない日本語運用能力を有すること。

9.待遇

(1)給与:年俸制(令和2年4月1日導入の年俸制)

なお、年俸額については経験等に基づき本学の関係規定により決定します。

勤務時間:専門業務型裁量労働制により7時間45分働いたものとみなされます。

休日:土・日曜日、祝日、年末年始(12/29 ~1/3)

社会保険等:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金

10.提出書類等詳細:

(1)履歴書(添付の様式を使用のこと)

所属学会およびその役職を含む。連絡先として、住所、電話、電子メール、照会先(推薦者2名の氏名および連絡先)を明記のこと。

(2)学位記の写し(最終学歴のみ)

(3)研究教育業績書(添付の様式を使用のこと)

「研究業績」については、著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順(降順)に並べること。著書については単著・共著の区別、および論文については単著・共著の区別のほかに、審査の有無を明記する。科学研究費の採択実績、その他外部資金取得実績、特記すべき社会貢献活動などがある場合は別に列挙すること。「教育業績」については、教材作成・カリキュラム開発・運営等の業績があれば記述すること。

(4)主要業績3点

主要な業績3点(少なくとも1件は英語による論文を含むこと。抜き刷り、コピー可。)

主要業績については、業績書の該当番号を○で囲み、各主要業績について、それぞれ500字以内の日本語の要旨を添えること。

(5)研究・教育への抱負

自身の研究活動および大学における英語教育に関する抱負を(A)英語1000語程度、および(B)日本語1500字程度にまとめたもの。(必ず英語、日本語の両方を提出すること)。

11.応募方法

JREC-IN PortalのWeb応募を利用してください。

URL: https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D120110949&ln_jor=0

12.提出期限:令和2年 12月 15日(火)日本時間 17:00(必着)

13.選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法

(1)提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う場合があります。
(2)面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。
(3)選考結果は電子メールで本人にお知らせします。

[問い合わせ先]

genbunjinji1@flc.kyushu-u.ac.jp

言文准教授(国際文化学講座・英語)選考委員会

 

備考

九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律78号)、障害者基本法(昭和45年法律第84号)、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)」の趣旨に則り、教員の選考を行います。九州大学では、平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

教員(専任)の公募について

 

本研究院では、下記の要領により教員(専任)の公募を行います。令和2年11月5日

 

1. 採用職名:教授(大学院言語文化研究院国際文化共生学部門国際文化学講座)

2. 募集人員:1名

3. 専門分野:20世紀ロシア・ソ連の思想および文化

4. 採用予定日:令和3年4月1日

5. 職務内容:

①国際文化共生学部門国際文化学講座における研究

②基幹教育言語文化科目のロシア語および関連科目の担当週4コマ(学府担当の場合)または週5コマ

③②の科目を実施するための企画・運営・調整等に関わる諸業務

④学内の委員会等(入試業務を含む)大学の運営に関わる業務

⑤関連する学府(大学院)に関する授業担当および学生指導の可能性がある

6. 待遇:以下に示す通り

(1)給与:年俸制(令和2年4月1日導入の年俸制)

なお、年俸額については経験等に基づき本学の関係規程により決定します。

(2)就業時間:専門業務型裁量労働制により7時間45分働いたものとみなされます。

(3)休日:土日、祝日、12/29~1/3

(4)加入保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金

7.雇用期間:期間の定めなし

8.就業場所:福岡県福岡市西区元岡744 九州大学伊都キャンパス(イーストゾーン)

9. 応募資格:

①20世紀ロシア・ソ連の思想および文化に関する博士号を有すること

②大学におけるロシア語教育歴が20年以上あること

③公刊された単著の書籍、共著の書籍、単著論文、共著論文の合計が20本以上あること

④基幹教育においてロシア語の授業を担当できる語学能力を有すること

⑤関連する学府(大学院)において授業を担当できる能力を有すること

⑥職務遂行上支障のない日本語能力を有すること

10. 提出書類:下記書類を全てPDF形式にてお送りください

①履歴書(添付の様式(CV)または任意の様式。所属学会、役職、住所、電話番号、電子メールアドレスを明記)

②研究業績一覧(添付の様式(Publications & Presentations)または任意の様式。但し著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順に並べる。著書および論文は審査の有無を明記)

③教育業績書(添付の様式(CV)または任意の様式)

④主要業績3点(ロシア語で書かれたものには1000字程度の日本語の梗概を付けること。さらに業績書の該当番号を丸で囲んでください)

⑤学位記のコピー(最終学位)

11. 応募締切日:令和2年11月30日(月)日本時間17:00時(必着)

12. 応募書類の提出先: 当該書類をすべてPDFとして、JREC-IN Portal の Web応募を利用してください。

URL: https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D120110054&ln_jor=0

困難な場合は、電子メールで下記問い合わせ先にパスワード付きでお送りください。(添付ファイルは1通につき10MBまで。確認返信をご確認ください)

主要業績3点の中に著書を含んでいる際、それをPDFにしにくい場合は、著書を郵送していただいてもかまいません。その場合は以下に郵送ください。

819-0395 福岡市西区元岡744

 九州大学大学院言語文化研究院長 鈴木右文

封筒の表に「言語文化研究院教授候補者応募書類」と朱書きの上、書留で郵送のこと封筒の裏には住所・氏名を明記すること

郵送した著書の返却を希望する場合はその旨を記載し、返送用の封筒ないしレターパック等を同封すること

13. 選考方法:提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う場合もあります(オンラインでの面接となる可能性もあります)。面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。審査の最終結果は、メールにて通知します。

14. 問い合わせ先:九州大学大学院言語文化研究院教授 福元圭太

fukumoto@flc.kyushu-u.ac.jp

15. 備考:提出書類に含まれる個人情報は、本選考以外の目的には使用しません。提出書類は原則として返却しません。

16. その他:九州大学では、「男女共同参画社会基本法」(平成11年6月23日法律第78号)、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成25年法律第65号)の趣旨に則り、教員の選考を行います。九州大学では、平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

以上

九州大学大学院言語文化研究院

 

准教授(英語担当)の公募

 

九州大学言語文化研究院では、准教授(英語担当)を公募します。詳細は以下をごらんください。2020年10月30日

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&ln=1&id=D120101877

 

九州大学大学院言語文化研究院

 

准教授(英語担当)の公募

九州大学言語文化研究院では、下記の要領で教員を公募します。2020年4月13日

 

1.採用予定職名: 大学院言語文化研究院 准教授(英語担当)常勤
2.採用予定人員: 1名
3.研究分野: 英語教育学、言語学、コミュニケーション学、文学、地域研究、および関連領域
4.職務内容:
(1) 言語文化研究院言語環境学部門言語教育学講座における研究
(2) 基幹教育言語文化科目英語および関連科目の担当。週平均8コマ(前期と後期で担当コマ数が異なることもある)
(3) (2)の科目を実施するためのカリキュラム・教材開発に関わる諸業務
(4) 国際プログラムにおいて授業担当および学生指導の可能性があります。
(5) オフィスアワーの設定、英文編集その他部局業務、入学試験関連業務
(6) 授業はすべて英語で行うことになっています。
5.応募資格:以下のすべての条件を満たしていること
(1) 英語を母語とする者、あるいは、それと同等の高度の英語運用能力を有する者
(2) 英語教育学、言語学、コミュニケーション学、文学、地域研究、および関連領域において博士号を有する者(採用時点で取得が確実である者を含む)
(3) 大学において英語関連科目の教授経験を有する者
(4) 英語アカデミックライティングの教授能力を有する者
(5) 職務遂行上最低限必要な日本語運用能力を有する者

6.採用予定日:2020年10月1日
7.雇用期間: 雇用期限の定めなし(ただし、定年退職の年齢については本学の定めによる)
8.待遇: 国立大学法人九州大学就業規則・国立大学法人九州大学職員給与規程等の本学の規程によります。給与は年俸制になります。なお、年俸額については本学の関係規程に基づき学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。待遇に関しては以下に問い合わせて下さい。
九州大学人文社会科学系総務課人事係 jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp
9.提出書類: 下記書類を全てPDF形式にてJREC-INの電子申請を通してご送付ください。
(1) 履歴書(JREC-INの本公募要領に添付された所定の様式に記入してください。連絡先として、住所、電話番号、電子メールアドレスを明記すること)
(2) 業績書(JREC-INの本公募要領に添付された所定の様式に記入してください。著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順に並べる。著書および論文については審査の有無を明記すること。また、主要業績3点を丸で囲む。)
(3) 主要業績3点
(4) 教育・研究への抱負(英語教育および自身の研究活動に関する抱負を英語500語程度で提出すること)
(5) 学位記のコピー(最終学位)
(6) 推薦者2名の照会先電子メールアドレス
10.提出期限: 2020 年 5月15日(金)必着 (日本時間)
11.提出先: JREC-IN Portal の Web 応募を利用してください。https://jrecin.jst.go.jp
(1) 提出された書類等は、原則として返却しません。
(2) 提出された書類は選考のみに使用し、その目的以外には使用しません。
12.選考方法:
(1) 提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う場合もあります。
(2) 面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。
(3) 審査の結果は、メールにて通知します。
13.問合せ先: 九州大学大学院言語文化研究院 江口 巧(eguchita@flc.kyushu-u.ac.jp)
14.その他:
九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律78号)、障害者基本法(昭和45年法律第84号)、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)」の趣旨に則り、教員の選考を行います。九州大学では、平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

 

Job Announcement for Associate Professor Position            April 13, 2020

The Faculty of Languages and Cultures, Kyushu University is seeking an associate professor to teach English with the conditions below.

1. Affiliation: The Faculty of Languages and Cultures (FLC), Kyushu University, Fukuoka, Japan.
2. Number of Vacancies: One.
3. Field of Research: TESOL, Theoretical/Applied Linguistics, Communication, Literature, Area Studies, or other related areas.
4. Job Description:
(1) Research at the Faculty of Languages and Cultures.
(2) Teaching sixteen EFL (English as a Foreign Language) courses per year primarily for undergraduate students.
(3) Curriculum development and teaching materials development.
(4) Participation in an international program might also be requested.
(5) Maintaining regular office hours, providing editorial assistance, and assisting with other departmental matters, including entrance exams.
(6) All classes must be conducted in English.
5. Required Qualifications:
(1) All candidates should either be a native or near-native speaker of English.
(2) PhD or an equivalent doctoral degree. The degree must be conferred by the time of appointment.
(3) Previous experience of teaching English at university level.
(4) Ability to teach Academic Writing.
(5) Minimum Japanese ability to carry out above duties.
6. Start of Appointment: October 1st, 2020.
7. Term of Employment: Tenured as an associate professor (until the University’s mandatory retirement age, currently 65 years old).
8. Salary: An annual salary based on academic background, teaching & work experiences, etc. will be calculated in accordance with the work rules and salary regulations of Kyushu University.
Further inquiries into working conditions should be emailed to “Human Resources Section”: jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp
9. Application documents: The following must be sent in a single PDF form.
(1) A full curriculum vitae. Each job experience item must contain specific information as to whether the position was full-time or part-time. Use the attached form provided in the JREC-IN application site.
(2) A list of publications (indicate whether refereed or non-refereed). Use the attached form provided in the JREC-IN application site.
(3) Three major research publications (also circle the corresponding items in your list of publications).
(4) Statement of your research and EFL teaching philosophy (approx. 500 words in English).
(5) A photocopy of your degree certificate (final education only).
(6) Names and e-mail addresses of two people who can be contacted for references.
10. Deadline for applications: Applications must arrive no later than Friday, May 15th, 2020 (Japan Time).
11. Use Web application at JREC-IN (https://jrecin.jst.go.jp) to upload the above materials. Application materials will only be used for selection purposes and they will not be returned to the applicants.
12. Selection Process:
(1) After the first stage of reviewing the application materials, shortlisted candidates might be invited for an interview.
(2) No travel expenses for the interview will be borne by Kyushu University.
(3) After the final selection has been made, applicants will be informed of the result via email.
13. For all queries, please contact Professor Takumi EGUCHI (eguchita@flc.kyushu-u.ac.jp).
14. Others:
Kyushu University employs faculty members in accordance with the principles of the Basic Act for a Gender-Equal Society (1999), the Basic Act for Persons with Disabilities (1970), the Act for Promotion of Employment of Persons with Disabilities (1960), and the Act on the Elimination of Discrimination against Persons with Disabilities (2013). Kyushu University established the System of Employment of Faculty Members with Accompanying Spouse in July 2017.

九州大学大学院言語文化研究院

 助教(英語担当)の公募

 

九州大学言語文化研究院では、下記の要領で専任教員を公募します。 令和2年4月10日

 

1.採用予定職名: 大学院言語文化研究院 助教(英語担当)(常勤、任期なし)

2.採用予定人員: 1名

3.研究分野: 英語圏文化・文学、および関連領域

4.職務内容:

(1)国際文化共生学部門における研究

(2)基幹教育言語文化科目英語および関連科目の担当週5コマ

(3)(2)の科目を実施するためのカリキュラム・教材開発・入試に関わる諸業務

(4)学内の委員会等大学の運営にかかわる業務

5.応募資格:(1)関連領域において博士号を有する者、またはこれに準ずる業績を有する者

(2)大学において英語関連科目の教授経験(非常勤含む)を有すること

(3)学術英作文の教授能力を有すること

(4)国籍は問わないが、業務に支障のない日本語運用能力を有すること。

6.採用予定日:2020年10月1日(またはそれ以降のできるだけ早い時期)

7.待遇:

(1)給与は年俸制になります。なお、年俸額については本学の関係規程に基づき学歴・経験・職歴等を考慮して決定されます。

(2)就業時間:専門業務型裁量労働制により7時間45分働いたものとみなされます。

(3)休日:土日、祝日、12/29~1/3

(4)加入保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金

(5)待遇に関する問い合わせ先:九州大学人文社会系総務課人事係jbsjinji@jimu.kyushu-u.ac.jp

8. 提出書類  応募書類はすべてPDFファイルに出力し、JREC-INのウェブ応募とすること。  (1)履歴書(連絡先として、住所、電話番号、電子メールアドレスを明記すこと)

(2)業績書(著書、論文、学会発表、その他に分け、年代順に並べる。著書および論文ついては審査の有無を明記し、主要業績2点を丸で囲んでください)

(3)主要業績2点

(4)教育・研究への抱負(英語教育および自身の研究活動に関する抱負を英語500語程度で提出すること)

(5)学位記のコピー(最終学位)

(6)推薦者2名の照会先電子メールアドレス

*提出された書類は選考のみに使用し、その目的以外には使用しません。

9.提出期限: 2020 年6月1日(月)必着

10.提出先:  JREC-IN Portal の Web 応募を利用してください。https://jrecin.jst.go.jp

11.選考方法:

(1)提出書類に基づいて選考し、複数名の候補者への面接を行う場合もあります。

(2)面接にかかる交通費や滞在費等は応募者の自己負担とします。

(3)審査の結果は、メールにて通知します。

12.問合せ先: 九州大学大学院言語文化研究院 高橋勤(tsutomu@flc.kyushu-u.ac.jp)

13.その他:  九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律78号)、障害者基本法(昭和45年法律第84号)「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号)、及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)」の趣旨に則り、教員の選考を行います。また、九州大学では平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。

 

Job Announcement for Assistant Professor Position             10 April 2020

 Affiliation: The Faculty of Languages and Cultures (FLC), Kyushu University, Fukuoka, Japan

  1. Number of Vacancies: One Position for Assistant Professor (tenured)
  2. Field of Research: British and American literature, cultural studies, or other related areas
  3. Job Description:

1) Research in the Faculty of Languages and Cultures

2) Teaching five 90-minute EFL (English as a Foreign Language) classes per week per semester primarily to undergraduate students

3) Curriculum development, and teaching materials development

4) Maintaining regular office hours, providing editorial assistance, and assisting with other departmental matters, including entrance exams.

 

  1. Required Qualifications:

1) PhD or equivalent research record in a relevant field (ABD candidates are also eligible.)

2) Previous experience of teaching English at the university level

3) Ability to teach Academic Writing

4) Japanese ability is an advantage; however, it is not a requirement.

  1. Start of Appointment: 1st October 2020
  2.  

1) Annual Salary: Commensurate with age and qualifications, based on the guidelines for the Kyushu University Salaries.

2)Working hours: KU allows the employee to engage in his/her work while leaving it to his/her discretion to decide the means and the allotment of time for performing the work and regarding them as having worked for the prescribed number of working hours (7 hours and 45 minutes), irrespective of how much time he/she has actually spent on his/her work.

3) Days off: Every Saturday and Sunday, national holidays, and other days as specified (e.g. New Year’s holiday)

4) The employee enrolls in the health insurance, pension insurance, mutual retirement pension programs of Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Mutual Society, and employment insurance of Ministry of Health, Labor and Welfare.

  1. Application materials should be submitted through JREC-In Web Portal. https://jrecin.jst.go.jp

1) A full curriculum vitae. Each job experience item must contain specific information as to whether the position was full-time or part-time.

2) A list of publications (indicate whether refereed or non-refereed)

3) Copies of two major research publications (please circle the corresponding items in your list of publications.)

4) Statement of your research and EFL teaching philosophy (approx. 500 words in English)

5) Copies of degree certificates (only your final education)

6) Two references (names and e-mail addresses)

  1. Deadline for applications: Monday June 1st 2020.
  2. Selection Process:

1) After the first stage of reviewing the application materials, shortlisted candidates might be invited for an interview (either in person or via skype).

2) No travel expenses for the interview will be borne by Kyushu University.

3) After the final selection has been made, applicants will be informed of the result via email.

  1. For all queries, please contact Professor Tsutomu Takahashi at: tsutomu@flc.kyushu-u.ac.jp
  2. Kyushu University employs faculty members in accordance with the principles of the Basic Act for a Gender-Equal Society (1999), the Basic Act for Persons with Disabilities (1970), the Act for Promotion of Employment of Persons with Disabilities (1960), and the Act on the Elimination of Discrimination against Persons with Disabilities (2013).  Kyushu University established the System of Employment of Faculty Members with Accompanying Spouse in July 2017.

 

Copied title and URL
公開講座 公開講座
公募 公募
.