j-教員一覧

教員一覧

users 言語環境学部門:言語教育学講座

氏名 職名 専門分野 備考
Matthew Isaac ARMSTRONG  准教授 Interdisciplinary research involving current SLA approaches and L1 communication delays inherent in Autism Spectrum Disorders (ASD), Psycholinguistics.
李相穆 准教授 外国語教育における教育方法論、言語情報処理論、教育工学に関する研究。日本語教育や韓国語 教育の分野でのe-learning 教材の開発。
井上 奈良彦 教授 ディベートやスピーチにおける議論の分析と指導法。コミュニケーション、言語、文化の関係の研究。言語使用、特に談話構造の分析。英語教育。
Joseph Paul VITTA  准教授 1 – L2 quantitative research synthesis, 2 – Instructed L2 vocabulary research, 3 – Quantitative methods in SLA/L2 research, 4 – EAP curricula design, 5 – CALL
Andreas KASJAN 教授 言語習得、外国語・ドイツ語教授法、CALL教材の開発 言語文化研究院副研究院長
栗山 暢 准教授 18 ・19 世紀のドイツ文学を研究しているが、現在、広く文化現象一般を対象に、それが社会とどのようにかかわっているか、そのしくみに大きな関心を持っている。
志水 俊広 准教授 外国語習得・第二言語習得のメカニズムの解明と習得モデルの探究。特に統語習得面での普遍文法の役割。母語獲得(第一言語習得)と第二言語習得の関連。
朱 冰 助教 認知・機能主義的言語学、中国語学、文法化、言語類型論、談話分析
高橋 勤 教授 主な研究対象はアメリカロマン派文学。特にアメリカンルネッサンス期における文学コミュニティの研究と自然表象の問題を考察している。
辻野 裕紀 准教授 言語学・韓国語学専攻。特に、韓国語音韻論・文法論を研究領域とする。また、日韓対照言語学、言語類型論、言語教育学(韓国語教育、日本語教育)などにも関心を持っており、より広い視座から韓国語や日本語を眺め、その成果を研究・教育に反映させようと努めている。
講師
Critical discourse analysis; genre analysis;                        the construction of professional identities;                    English as a lingua franca.
Christopher HASWELL 准教授 World English; Global English; International university education; Japanese/MEXT education policy
Ruben Gabriella Andries PAUWELS 講師 歴史言語学、比較言語学、言語接触学、借用語、日本語の起源、日本祖語、ツングース諸語、ツングース祖語
Andrew PAINTER 准教授 Anthropology of 21st Century Japan, Mass media and society, Visual Anthropology, English for Specific Purposes

users 言語環境学部門:言語情報学講座

氏名 職名 専門分野 備考
伊藤 薫 助教 機能主義的言語学、レトリック、言語計量。認知言語学をはじめとした機能主義的言語学観点から、テキストにおける修辞表現の産出・理解についてのメカニズム解明をメインテーマとしている。また、近年は計量的な手法にも興味を持ち、書き手の属性と語彙項目の使用傾向の関係など言語使用の背景についても興味を持ち研究している。
内田 諭 准教授 意味論(特にフレーム意味論)・語用論の観点から、英語の接続語の意味記述について研究している。 また、研究の成果を英語教育や辞書記述などに応用することも大きなテーマの1つとして考えている。
江口 巧 教授 英語の諸現象の意味論的、機能主義的観点からの分析。現在の研究テーマは、英語の結果構文のアスペクトおよび上下位事象の合成についての研究である。
大津 隆広 教授 現代英語に見られる言語現象の意味論的・語用論的研究。コンピュータ実験等を用いた英語の認知の仕組みの考察と分析。 言語文化研究院副研究院長
大塚 知昇 助教 生成文法、ミニマリストプログラムの理論研究。人間が頭の中で文を生成する上での、語と語をつなげる際のメカニズムについて研究している。
鈴木 右文 教授 本来の研究分野は生成文法理論による英語の分析。他にコンピュータ利用の英語教育。教育では英語の他に映画も担当。  言語文化研究院研究院長
田中 俊也 教授 英語の歴史言語学的研究。目下は特に、古英語の動詞体系がどのような過程を経て成立したのかを、新しい印欧語比較言語学理論の立場から追究している。
西山 猛 教授 漢語文法の歴史的変遷と漢語方言との関連性、特に上古漢語、中古漢語と広東語、台湾語との比較。中国出土資料から見た伝世資料の性質の再検討。
山村 ひろみ 教授 現代スペイン語の時制体系の解明を一般言語学的観点および他のロマンス諸語との比較対照から追究している。
Stephen LAKER 准教授 方言学、歴史言語学、音韻論、形態論、コーパス言語学
Greggory Wroblewski 准教授 Neurolinguistics, the neural correlates of second language proficiency, English for Scientific Purposes, Applied Linguistics

users 国際文化共生学部門:国際文化学講座

氏名 職名 専門分野 備考
秋吉 收 教授 研究分野は、魯迅を中心とした中国近現代文学、日中比較文学、台湾文学など。また中国近現代作品の翻訳紹介にも取り組んでいる。
倉方 健作 准教授 19世紀フランス文学。特に世紀後半の詩を社会状況とともに研究している。
佐藤 典子 准教授 20世紀(戦後)フランス文学、読者論、読書行為論。
佐藤 正則 教授 19世紀末から20世紀前半にかけてのロシア思想・文化。これまではボリシェヴィズムの人間観と宇宙論の解明と、その20世紀思想史における位置づけの検 討を試みてきた。現在は、(1)20世紀初頭ロシア思想を包括する枠組みの構築、(2)スターリン主義文化の形成過程の解明、に取りくんでいる。
蔦原 亮 助教 スペイン語言語学
土屋 智行 准教授 書き言葉・話し言葉コーパスを利用した言語の社会・認知的研究。主に日本語と英語を対象として、定型表現とその拡張的な用法について分析・考察し、多様な言語環境での「ネイティブらしさ」に定型表現がどのようにかかわっているのかというメカニズムの解明を目指している。
Gabrielle DECAMOUS 准教授 Art and science; modernity; post-colonialism; visual and cultural studies
中里見 敬 教授 中国小説の文体論研究。古典小説から近代小説に至る文体や語りの変遷を、白話文を中心に研究する。欧米の批評理論と中国文学研究の架橋にも関心がある。
浜本 裕美 准教授 英文学・西洋古典学専攻。主に19世紀の詩作品とギリシア悲劇を研究している。文学と社会の関 係、ジャンルとジェンダー、創作上の実験的試みなどに関心を寄せている。
劉 驫 准教授 理論言語学、応用言語学。主に談話的・認知的な観点から現代中国語文法を研究している。

users 国際文化共生学部門:国際共生学講座

氏名 職名 専門分野 備考
阿部 吉雄 教授 上海のユダヤ人、特にロシア革命によるロシア系ユダヤ人移住者とナチスのユダヤ人迫害によるドイツ・オーストリア・ポーランド系ユダヤ人難民の研究。
O’dwyer SHAUN 准教授 Moral and political philosophy, modern Confucian philosophy, philosophy of English language education
鈴木 隆子 准教授 国際開発教育学。発展途上国の農村における初等教育の向上に関する調査研究及び政策提言を行っている。主な調査地はアジア、アフリカ、南米等の農村。最近はコロンビアのエスクエラヌエバに関する追跡調査を行っている。
谷口 秀子 教授 (1) 英国小説 (2) 小説、児童文学、大衆文化(大衆小説、漫画など)におけるジェンダーの研究。 (3) 英語圏児童文学
永川とも子 助教 米国におけるヒロシマ・ナガサキ文学の研究を行っている。特に、第二次大戦直後における新聞・雑誌記事・論説等ジャンルを横断したテクストを分析対象としているが、近年では核批評にも関心を寄せている。
福元 圭太 教授 トーマス・マンの文学をドイツ青年運動、保守革命、男性同盟との関連で研究。特にこれらに通底するホモ・セクシュアリティーとマン文学の繋がりに注目している。

users 兼任

氏名 職名 専門分野 備考
田畑 義之 教授  情報基盤センター

 

Copied title and URL
公開講座 公開講座
公募 公募
.