CALL 教材の最新データ作成作業

ここでは、後期CALL の TAの皆さんに作業してもらう 「CALL教材の最新データ作成作業」について説明しています。 以下の作業について、各自ご担当の場所を 2017年1月9日までにおこなってください。

作業分担表

TAの皆さんには、下の分担表に従って 教材および「九大英単」のデータを成形していただくこととなります。 各自「作業範囲」の箇所をクリックし、成形の方法をご確認ください。

:作業分担表(敬称略)

TA名 担当箇所 備考
RimpiRani WebOCMnext_Grammar5  
金テヨン WebOCMnext_Grammar6  
呉暁良 WebOCMnext_Grammar7  
王多多 WebOCMnext_Grammar8-1 文法上級1「見なす」〜文法上級55「前置詞」
張天奇 WebOCMnext_Grammar8-2 語法上級1「happen」〜その他上級77「判例」
HaoXiaoyang WebOCMnext_Listening5-6  
張琦 WebOCMnext_Listening7-8  
林田由衣 WebOCMnext_Reading5-8  
葛欣燕 九大英単_第1部「形容詞」1  
韓淑テイ 九大英単_第1部「形容詞」2  
張暁蘭 九大英単_第1部「名詞」1  
呉青青 九大英単_第1部「名詞」2  
陳力 九大英単_第2部  
単艾婷 九大英単_第3部  

ファイルの作成方法

  • http://dillinger.io/にアクセスしてください。
  • “DOCUMENT NAME” を ファイル名ルールに従って 変更してください。
  • 画面左半分の文字を全て消してください。(右半分の文字も自動的に消えます。)
  • 学習システムまたは九大英単ファイルの内容をコピー・ペーストし、 下の成形方法に従って成形してください。
  • 作業を終えたら、右上の “EXPORT AS” をクリックし、 “Markdown” を選択してください。
  • ファイルを作成したら、アップロードページ にアクセスし、ファイルをアップロードしてください。

ファイル名ルール{#text_rules}

ファイル名は、以下のとおりにお願いします。

  • TA名〉001.txt
  • たとえば、土屋智行がファイルを2つ送る場合は、 「土屋智行001.txt」「土屋智行002.txt」となります

WebOCMnext の教材の成形方法{#webocmnext}

手順

教材と編集用画面の表示

  1. 担当の教材を表示してください。
    • WebOCMnext担当: 学習システムにログインし、問題を表示する。
    • 九大英単担当: 九大英単のファイルを開く。
  2. http://dillinger.io/ を新しいタブで開き、 編集用のファイルを作成してください。
  3. 画面上部の”DOCUMENT NAME” を ファイル名ルールに従って 変更してください。

WebOCMnext: タイトル、問題、解説のコピーと編集

  1. 問題タイトルをコピーし、編集用画面にペーストしてください。
  2. 問題文をコピーし、編集用画面にペーストしてください。
    • Grammar担当: 問題文、選択肢、解説
    • Listening担当: スクリプト、問題文、選択肢
    • Reading担当: テクスト、問題文、選択肢
  3. 正解となっている選択肢の末尾に “@” を記入してください。
  4. 編集ルール に従って修正をおこなってください。 正しく編集されれば、右のプレビュー画面に正しく表示されます。

九大英単: 用語、単語、英文、日本語訳、派生語のコピーと編集

  1. 土屋より、成形元となるファイルと、九大英単のコピーを受け取ってください。 (著作権の関係上、作業終了後はかならずコピーの返却、データの消去をしてください!
  2. ファイルから必要な部分をコピーし、編集用画面にペーストしてください。
    • 必要な部分: 用語とその意味、例文とその日本語訳、派生語(名詞形、類義語、等)
  3. 必要ではない部分 を削除してください。
    • 必要ではない部分: 発音記号、「これらの◯◯も覚えよう!」の項、 ホームページのURL
  4. 編集ルールに従って修正をおこなってください。 正しく編集されれば、右のプレビュー画面に正しく表示されます。
  5. 終了したらファイルを保存し、アップロードしてください。

編集した内容の保存とアップロード{#upload}

  1. 作業を終えたら、右上の “EXPORT AS” をクリックし、”Markdown” を選択してください。
  2. アップロード & 報告ページ をクリックし、 ファイルのアップロードと報告をおこなってください。

編集ルール

テキストの情報は、原則的にmarkdown記法 に従って編集をおこないます。 もし分からない点がありましたら、土屋までご連絡いただくか、 記法のページをご確認ください。

編集ルール(WebOCMnext){#rules_webocmnext}

共通

  • 問題タイトルは、画面右側の「緑地に白」の箇所をコピーしてください。
  • 問題タイトルの先頭には”#### “を記入してください。
  • 段落が変わる場合は、1行あけてから入力してください
  • 選択肢はかならず “*1. **” と記述してください。 (問題文に *“(A)”, “a.”, (a), … と記述されていても、かならず 1. と記述してください。)
  • 正解 になっている選択肢の最後に @ を入力してください。
  • 強調: 赤字になっている箇所はアスタリスク2つ”**“で挟んでください。

たとえば、以下のような記述は、

問題タイトル

これは第一段落です。 次のこの行も第一段落に含まれます。 行が 続いている かぎり 同じ段落に含まれます。

ここからが第二段落になります。 また、この部分が強調されます

  1. 一番最初の選択肢です。
  2. 二番目の選択肢です。 @ ←正解となる選択肢には「@」をつけてください。
  3. 三番目の選択肢です。
  4. 四番目の選択肢です。

このように記述します。


#### 問題タイトル

これは第一段落です。
次のこの行も第一段落に含まれます。
行が
続いている
かぎり
同じ段落に含まれます。

ここからが第二段落になります。
また、**この部分が強調されます**
1. 一番最初の選択肢です。
2. 二番目の選択肢です。 @ **←正解となる選択肢には「@」をつけてください。 **
3. 三番目の選択肢です。
4. 四番目の選択肢です。

Listening

  • スクリプト: 行の先頭に”> “を入力してください。
  • 問題文: 先頭に問題番号“1. “を入力してください。
  • 選択肢: 問題文の次の行から記入し、先頭に半角スペースを4つ入れてください。

画面での表示と入力例は以下の通りです。

リスニング問題の例

拡大したいときは、「右クリック」→「新しいタブで画像を開く」を選択

#### LT: G1 短対話 「留学到着」

> ○  A (Student): Hello. Is this the admissions office?
> 
> ○  B (University Staff): Yes. How can I help you?
> 
> ○  A (Student): I'm here for the 2 weeks' summer exchange programme.
> 
> ○  B (University Staff): OK, but there are three programmes. Which one are you in?
> 
> ○  A (Student): It is the Youth Action Exchange Programme.
> 
> ○  B (University Staff): Alright. Please fill out these forms and hand them back to me. You should hurry because that programme has already started. The orientation was this morning.
> 
> ○  A (Student): Yeah. I know I'm late. My flight was delayed yesterday. I called the head of the programme and she explained that it would be OK.
> 
> ○  B (University Staff): OK then. Return the forms as soon as you can.

1. 設問を音声で聞いて、正しい答えを選択しなさい。
What is the name of the exchange programme?
    1. International Exchange Programme.
    2. Youth Action Exchange Programme. @
    3. Young Students Exchange Programme.
    4. Youth International Exchange Programme.

2. (割愛)

Reading

  • テクスト: 行の先頭に”> “を入力してください。
  • 問題文: 先頭に問題番号“1. “を入力してください。
  • 選択肢: 問題文の次の行から記入し、先頭に半角スペースを2つ入れてください。

画面での表示と入力例は以下の通りです。

リスニング問題の例

拡大したいときは、「右クリック」→「新しいタブで画像を開く」を選択

#### R 1-18 「マンハッタン島」

> The long and narrow Island of Manhattan was a wild and beautiful spot in 
> the year 1609. In this year a little ship sailed up the bay below the island, 
> took the river to the west, and went on. In these days there were no tall 
> houses with white walls glistening in the sunlight, no church-spires, 
> no noisy hum of running trains, no smoke to blot out the blue sky. 
> There were none of these things, but in their place were beautiful trees with 
> spreading branches, stretches of sand-hills, and green patches of grass. 
> In the branches of the trees there were birds of varied colors, and wandering 
> through the tangled undergrowth were many wild animals. The people of the 
> island were men and women whose skins were quite red. They were strong and 
> healthy people who clothed themselves in the furs of animals and made their 
> houses of the trees and vines.
> 
> In this year of 1609, these people gathered on the shore of their island and 
> looked with wonder at the boat, so different from any they had ever seen, as 
> it was swept before the wind up the river. The ship was called the Half Moon, 
> and it had come all the way from Amsterdam, in the Dutch Netherlands. The 
> Netherlands was quite a small country in the northern part of Europe, not 
> nearly as large as the State of New York, and was usually called Holland, as 
> Holland was the most important of its several states. The Dutch owned other 
> lands than these. They had islands in the Indian Ocean that were rich in 
> spices of every sort, and the other European countries needed these spices. 
> These islands, being quite close to India, were called the East Indies, and 
> the company of Dutch merchants who did most of the business with them was 
> called the East India Company. They had many ships, and the Half Moon was one 
> of them.

1. Which of the following is NOT true about the landscape of Manhattan in 1609?
    1. There were no church-spires.
    2. There were no trains running.
    3. There were no green patches of grass. @
    4. There were no tall buildings.

2. (割愛)

Grammar

  • 問題文: 行の先頭に”> “を入力してください。
  • 解説: 「解説」と書き、次の行に”: “を入力してから解説を入力してください。
  • 下線部の箇所は、アンダーライン __ を2つ以上記入してください。
#### 文法中級 106 「what」

> 最も適切な文を選びなさい。

1. What he called was affection was only family friendship.
2. What he is called affection was only family friendship.
3. What he thought was affection was only family friendship. @
4. What is thought was affection was only family friendship.

解説
:   先行詞を兼ねた複合関係代名詞としての **what** に関する問題で、C は、
**what was affection****he thought** が挿入されていると考えればよい。
A, B はいずれも文法的に 不可であるが、**What he called affection** ならば
文法的に可能である。C の意味は「彼が愛情と考えたものは、唯一家族間の
友情であった」 である。D は **What was thought to be affection** ならば文法的に
可能であり、その場合は 「愛情と思われたものは、家族間の友情にすぎなかった」 
の意味である。

Reading

拡大したいときは、「右クリック」→「新しいタブで画像を開く」を選択


#### R: 1-1 「米国リトルリーグ」

> Americans love sports and this can especially be observed in regards to how frequently their children participate in organized sports. Over 90% of American boys take part in Little League Baseball. This sport is quite different from boys baseball teams in Japan, which practice all year round and often have 50 or more team members with only the best 9 players actually playing in the official league games. In American Little League Baseball the season is quite short, normally from April to July, with most league games being played in May and June. Most teams play about 2 games per week during the season.
> 
> The typical Little League team has about 15 members and most Leagues have from 4 to 10 teams in each league. Any child can join from the ages of 7 to 12. Depending on the number of children living in a given region there are at least 3 different levels of team play. The "T-ball league" is for 7-year-olds and has no pitcher. The children hit the ball off a "tee". Next, there is usually a "minor league" with all teams consisting of boys from 8 to 10 years old. Finally, there is a "major league" consisting of boys from 11 to 12 years of age. A very unique rule of Little League is that 100% of all team members must play at least 3 innings of each 6 innings game. As a result, for a team with 15 members, the 3 best players will probably play the entire game, while 6 other boys play the first 3 innings and then the remaining 6 boys play the final 3 innings. This is the cornerstone of "fair play" in this league.


1. How many games per week do most teams play in a season?
    1. One.
    2. Two. @
    3. Three.
    4. Four.

2. How many members does a typical Little League team have?
    1. 9.
    2. 10.
    3. 15. @
    4. 20.

3. Which of the following is NOT true about the T-ball game?
    1. There is no pitcher.
    2. The children hit the ball off a "tee".
    3. The league is for 7-year-olds.
    4. There is no third base. @

**(4問目、5問目は割愛)**
Listening

拡大したいときは、「右クリック」→「新しいタブで画像を開く」を選択


#### LT: A6 短対話 「プロポーズ」

> ○	A (woman): Hey, Ryan. Are you still seeing Alice these days?
> 
> ○	B (man): Well, you're not going to believe this. But I proposed to her last night, and she said yes !
> 
> ○	A (woman): Wow ! Well, it couldn't happen to a nicer guy.
> 
> 「あなた以上に素敵な人がいてもこんなことは起きない」=「あなただからこそアリスと結婚するのはお似合いだ」


1. She seems to be happy about it. @
2. She thought Alice would marry a nicer guy.
3. She thinks it is impossible.
4. She seems to be disappointed.

Grammar

拡大したいときは、「右クリック」→「新しいタブで画像を開く」を選択


#### 文法初級 3 「再帰代名詞」

> 空所に入る正しい語をひとつ選びなさい。
> 
> 「君は酒を飲みすぎて死んでしまうだろう」
> 
> You will drink __________ to death.

1. yourself @
2. oneself
3. itself
4. you

解説
:   **drink oneself to death**「酒を飲み過ぎて死ぬ」 という表現があるが、**drink** の目的語の **oneself** は再帰的な用法で、主語と一致しなければならない。例文の主語は **you** なので、**yourself** となる。

編集ルール(九大英単){#rules_eitan}

概要

用語・例文・類語

  • 用語は、”### “ の後に記入してください。
  • 発音記号は削除 してください。
  • 用語の訳の先頭には、1. のように、数字とピリオドを追加してください。
  • 例文は、#### の後に、「例文1」「例文2」のように記入してください。
  • 英文と日本語訳は、それぞれハイフンと半角スペース(-)をつけ、 2行に並べて記入してください。
  • 「名詞形」「形容詞形」などの記述も、 #### の後に記入してください。

強調・三点リーダ(…)

  • 強調してある箇所は、**で囲ってください。
  • 三点リーダ(…)は、ピリオド3つ(…)で記述してください。

削除する場所

  • 「これらの◯◯も覚えよう!」の項目
  • 発音記号
  • ホームページのURL

上記については、編集用ファイルから除いてください。

作成例(第1部、第2部)

### motivate

1. ...を動機づける、...にやる気を与える

#### 例文1

- He is highly **motivated to** study English.
- (彼は英語を学ぶ意欲が高い)

#### 名詞形

1. motivation(動機づけ)


### succeed

1. 成功する
2. 継承する、...の後に続く

#### 例文1

- To **succeed in** fixing the signaling problem, JR workers have had to work many extra hours.
- (信号の古庄をうまく解決するために、JRの社員たちは長時間の残業をせねばならなかった)

#### 例文2

- Elizabeth II **succeeded to** the throne on 6 February 1952.
- (エリザベス2生は1952年2月6日に王位を継承した)

#### 名詞形

1. success(成功)
2. succession(継承; 連続)

#### 形容詞形

1. successful(成功した)
2. successive(連続する)


### accomodate

1. 収容する、宿泊させる

#### 例文1

- I [My apartment] can **accomodate** two guests overnight.
- (私[私のアパート]は2名の客を泊めることができる)

#### 名詞形

1. accomodation(宿泊施設; 和解; 調停)

- The two countries sought **an accomodation over** their long-standing problems.
- (その2国は長年の諸問題についての解決を探った)


作成例(第3部)

第3部は、英文と日本語訳の箇所をそれぞれ「例文」として、 以下のように成形してください。


### 学年

#### 例文1

- My friend John is a **fourth-year student** at the School of Economics.
- (私の友人ジョンは経済学部の4年生です)

#### 例文2

- Ah, is he a senior?
- (ああ、彼は4年生ですか)

#### 例文3

- first-year student/freshman/freshperson/fresher
- (1年生)

#### 例文4

- second-year student/sophomore
- (2年生)

#### 例文5

- third-year student/junior
- (3年生)

#### 例文6

- My brother **is in the third year**, and I **am in the first year**.
- (私の兄は3年生で、私は1年生です)